shun21 diary

ライブレポートや観劇の感想中心。基本ネタバレします。

祝デビュー9周年

BREATHのLAST LIVEと重なった知念里奈のデビュー9周年。
特別企画としてここ数年舞台に力を入れていたのでその話を書こうかなと思います。
知念里奈でミュージカルの世界に足を踏み入れた俺ですが
彼女が出演した4つの舞台*1を全部見てその中で一番のはまり役は
ミス・サイゴンのキムなんじゃないかと思うんです。


彼女はスロースターターで有名だったんで当初9月あたりと10月の楽付近に行こうと
計画していたんですが急遽8月に見る事になったんです。
びっくりしました。
見た瞬間知念里奈じゃなくてキムだったんです。
ミス・サイゴンの曲の良さとかもあるんですが1幕のラストに
彼女は子供のタムに向かって「命をあげよう」を歌い上げるんです。
もう感動しましたよ。
8月の時点でこんなにキムになりきっているのにも驚きました。
今までの彼女では考えられなかった事でした。
10月の楽付近でも見たんですがそっちは8月は歌重視で演技が弱かったのが
びっくりする程成長していました。
この舞台がCD化されなかったのがホント悔やむくらいです。


今年6月に石井一孝さんのライブにゲスト出演した時に
ジキル&ハイドの「ありのままに」を披露してくれたんです。
もう早く12月になってジキル&ハイドのエマを見たいと思う程
凄い歌に表情もついて実際見たかったです。


今後、彼女はどのように復帰するか気になりますが
ぜひまた舞台の世界で彼女の姿を見せて欲しいですね。
もちろん歌手・知念里奈も見たいですけどね。
彼女が言う「表現者」としての知念里奈がもう一度見たいですね。