shun21 diary

ライブレポートや観劇の感想中心。基本ネタバレします。

こないだ買ったCD & DVD

V.A. / FLOWER FESTIVAL〜VISION FACTORY presents
下川みくに / 9 Que !!〜下川みくにセルフカバーアルバム〜
FLOW / アイル (CD+DVD)

hitomi / Japanese girl collection 2005 〜LOVE MUSIC, LOVE FASHION〜

VISION FACTORYのコンピは今作が一番好きかも。
特に良かったのはhiroと樋井明日香知念里奈 with Vanilla Moodの3曲かな。
hiroはCOLDFEETプロデュースなんでもろ好みでした。
「Baby don't cry」とはひと味違った春っぽさが出ていて好きだな。
樋井明日香は名バラードだと思った。
その一言につきます。
知念里奈 with Vanilla Moodはもう曲を出してくれた時点で満足なんだけど
曲自体も良いし阿久津健太郎さん作詞の歌詞も良い。
Vanilla Moodらしいアレンジの曲に知念里奈のボーカルがプラスされた
相乗効果がより曲を良くしているように感じた。
知念さんのボーカルもミュージカルを経験して7年前よりもうまくなったと思う。
なにより春という季節にこういう爽やかな楽曲はもってこいですね。
リピートしまくりです!!
9~Que!!~下川みくにセルフカバーアルバム(DVD付)

9~Que!!~下川みくにセルフカバーアルバム(DVD付)

下川みくにのセルフカバーアルバム。
全体を通して生音を中心に使ったアレンジが特徴で統一感があります。
新曲の「Two of one」はデモトラックとのことで短めですが好みの楽曲でした。
どうせなので原曲と聞き比べとかしてみた。
「BELIEVER〜旅立ちの歌〜」は一番違いが出ていると思います。
今作のバージョンを入れて3つあるんだけど今作のボーカルが一番安定していると思います。
この曲は今作のバージョンが一番好きだな。
他の曲もボーカリスト下川みくにの成長が見えたように感じました。
「Alone」なんかは歌の表現力が段違いに良くなってて聞き比べてびっくりしました。
アレンジに関してはもう好みの次元だと思います。
原曲、今作ともにそれぞれ良さがあるのでね。
今作のアレンジで特に良かったのは「Love Song on the Radio」と「悲しみに負けないで」の2曲。
「Love Song on the Radio」はバンドサウンドになってより厚みが出て凄く格好良かった。
「悲しみに負けないで」はピアノのみのスローバラードになってるんですがSinさんのアレンジが素晴らしい。
名曲が更にランクアップしたように思えました。


FLOWは全体的に聴きやすいアルバムになっていたと思います。
DVDのみに収録されてた「Just do it!!!」は初期のFLOWみたいで懐かしかった。
5月のライブが今から楽しみです。
hitomiのDVDは衝動買い。