shun21 diary

ライブレポートや観劇の感想中心。基本ネタバレします。

こないだ買ったCD & DVD

木山裕策 / WAIT FOR YOU〜今の僕に出来る事〜 (CD+DVD)
サンドウィッチマン / サンドウィッチマンのエンタネタ vol.2

SEAMO / Round Abuot (CDのみ)

WAIT FOR YOU~今の僕にできること~(DVD付)

WAIT FOR YOU~今の僕にできること~(DVD付)

木山さんのアルバムを初めて通して聞いた感想は「温かいアルバムだな」ということ。
木山さんの人柄がにじみ出ているような気がしました。
んじゃ1曲ずつ感想を。
『WAIT FOR YOU』は原曲を聴いた事がないので比べようがないんですが
エレピの音から始まる感じがAORっぽくて好きだなぁ〜。
木山さんの歌声からは曲の持つ切なさと強さが感じられてよかったです。
『ありがとう』はなんかホッとする曲ですね。
歌詞は自分にとって少し恥ずかしい部分があるけどね。
『hello』は民族楽器を使ったイントロが沖縄とか南の島の雰囲気が感じられます。
この曲で伸びやかな木山さんの歌声を堪能できるんじゃないでしょうか?
『幻』は歌スタ!!のプレゼン用に書かれた幻の楽曲。
この曲が一番好き!!
全体的には温かい曲なんだけどサビだけ、どこか切ない多胡さんのメロディが
もう自分のつぼにはまりまくりです。
個人的には普通にシングルで切っても良かったんじゃないかと思う曲なんですけど。
でもプレゼン用の楽曲としては『home』が正解だったと思う。
PIANO MAN』はビリージョエルのカバー曲。
この曲を歌スタ!!の追試で木山さんが歌ってなければ多胡さんはよろしく札を挙げなかったはず。
この曲の木山さんの歌声には木山さんの魂が見える歌声だと思います。
それがCD化された事、凄く嬉しい事だと思っています。
この1枚のアルバムに5曲しか入ってないけどデビュー曲『home』とは全く違う5曲が入っていて
新たな一面の木山さんの歌を聴くことができて良かったなぁと思いました。


サンドはエンタDVDの第2弾。
知っているネタも変わっていたりノーカットなので
実際にTVで観たネタも新鮮な気分で見てました。
特典映像の引っ越しは純粋に面白かった。
SEAMOは通常盤がレンタル落ちで安く売っていたので思わず購入。