shun21 diary

ライブレポートや観劇の感想中心。基本ネタバレします。

ハナレグミ@仙台電力ホール

現在駅です。
今日はハナレグミです。
ハナレグミは2年前のARABAKI以来かな?
楽しんできます。


終了。セットリストは↓。

01.360°
02.あいのわ
03.愛にメロディ
04.音タイム
05.マドベーゼ
06.PEOPLE GET READY
07.Three little birds〜踊る人たち
08.・・・がしかしの女
09.あいまいにあまい愛のまにまに
10.家族の風景
12.大安
13.レター
14.明日天気になれ
15.光と影

Encore
16.さらら
17.うららかSUN
18.あいのこども

開演時間を10分くらい過ぎた辺りで客電が落ちる。
ステージのセットは赤と緑の糸が印象的でした。


まずは日本語詞を永積君自身がのっけたと思われるASAのカバー曲『360°』からスタート。
だんだん音が増えていくのは感動的でした。
長めにアウトロを演奏してから『あいのわ』へ。
ランプみたいな照明が幻想的で曲の世界観がより鮮明になり素敵でした。
次の『愛にメロディ』でパーカッションの方がフルートと
ブルースハーブを吹いてCDとは違う生の良さが感じられました。


『音タイム』はサビのコーラスの厚さに感動しました。
ちなみに曲の構成をオリジナルと変更してました。
『マドベーゼ』はライブが終わってから曲名を思い出しました。
『PEOPLE GET READY』は弾き語りでしっとりと聴かせます。
ボブ・マーリーのカバー曲『Three little birds』ではパーカッションの方がスティールパンを披露。
いろいろ楽器が演奏してて多才な方だなぁと思ってしまった。
ちなみに後のMCで分かったことですがスティールパンは今日が初登場だったらしい。
メドレーみたいな形で続けて『踊る人たち』を披露。
盛り上がるね。


『・・・がしかしの女』は一人で披露。
ラストはテンポアップしてました。
『あいまいにあまい愛のまにまに』『家族の風景』のバラードパートはしっとりと聴かせてくれました。


MCでパーカッションの方が実は永積君の先輩ということと西公園で寝泊まりしてたと話してました。
私の大好きな『大安』はホント素敵な歌声に感動しました。
『レター』『明日天気になれ』の盛り上げパートの2曲は楽しかったです。


メンバー紹介。
キーボードがDo Asさんのレコーディングでおなじみの皆川真人さんだった。
そのあと一人になりアルバムの製作について話してくれました。
仙台出身のある写真家の本に導かれるように作ったらしい。
ラストは『光と影』を弾き語りで披露。
照明が綺麗でよりこの曲を引き立ててました。
感動的だったなぁ。


アンコールではまず名曲『さらら』を披露。
大好きな曲だけに聴けて嬉しかった。
次の『うららかSUN』では盛り上がりました。
最後に『あいのこども』を弾き語りで披露し終了しました。


やっとハナレグミのワンマンに初参加出来たけど楽しさあり感動もありですごくよかったよ。
次はいつ見れるかわかんないけど楽しみにしてます。
ホントに素敵なライブでした。