shun21 diary

ライブレポートや観劇の感想中心。基本ネタバレします。

SPEED@仙台サンプラザホール

今、電車の中です。
今日はSPEEDです。
SPEEDは前回のツアー以来なので1年ぶりです。
んじゃ楽しんできます。


セットリストは↓。

01.Bridge to Heaven
02.Still Blowing
03.S.P.D.
04.Body&Soul
MC
05.Breakin' out to the morning
06.I'll Be All Right
07.蒼いリグレット
08.熱帯夜
09.Need Your Hands,Tonight
10.my graduation
MC
11.ALIVE
12.華
13.White Love
14.confusion
15.ALL MY TRUE LOVE
16.STEADY
17.季節がゆく時
18.ヒマワリ -Growing Sunflower-
19.Wake Me Up!

Encore
20.Go! Go! Heaven
MC
21.I Remember
MC
22.One More Dream

ステージには幕がついてて幕落としでライブスタート。
今回はバンド無しでダンサーとSPEEDの4人でステージが展開されていきます。
まずはアルバム『Bridge』から『Bridge to Heaven』。
曲はもちろんかっこいいんですがダンスのかっこよさが印象に残りました。
次は『Still Blowing』とアルバム『Bridge』の曲が続きます。
『Still Blowing』は映像とのリンクが好きな感じでした。
『S.P.D.』『Body&Soul』とシングル曲を続けて披露。
『Body&Soul』のイントロのシャウトはSPEEDLAND ver.のメインボーカル二人が歌う形で披露しました。


MCはビートに乗せて話してたので聞き取りにくかった。
絵理子がDJブースでDJを披露してから『Breakin' out to the morning』に突入。
『I'll Be All Right』はアレンジを変えてショートバージョンで披露。
『蒼いリグレット』『熱帯夜』もショートバージョンでした。
『Need Your Hands,Tonight』はアカペラでハモりながら歌いだしました。
映像が流れてそこから『my graduation』へ突入。


MCではホールは今日がラストと話し、仙台は去年の9月以来と話してました。
「その時も来た人?」
「初めてSPEEDのライブに来た人?」と聞いてました。
ここで『ヒマワリ-Growing Sunflower-』の振り付け講座もありました。
hiroが水を飲む間に絵理子が仙台に関する手話を教えてくれました。


「手話を使う曲」と話し、『ALIVE』を披露しました。
『華』は1番はメインボーカル2人だけで歌い、2番からあとの2人も加わりました。
White Love』はサビのフリで一体感が生まれてました。
三浦大知が振り付けしたという『confusion』はなかなかかっこよかったです。
ALL MY TRUE LOVE』『STEADY』とシングル曲が続き、『季節がゆく時』ではキャノン砲が発射。
『ヒマワリ-Growing Sunflower-』ではフリが綺麗にそろい、ラストの『Wake Me Up!』で盛り上がり本編終了。


アンコールは『Go! Go! Heaven』からスタート。
絵理子はステージから降りたりステージ後方の階段を使い3周した後、
上のステージから下のステージへジャンプしてました(笑)
その後のMCではアンコールで着たTシャツの色の問題に。
hiro以外の3人が緑でhiroのみ黄色で「仲間外れだ!」といじけてました(笑)
そのあと多香子は着替えに行き、ヒマワリの被り物を被りベージュのシャツで登場(笑)
いろいろつっこまれてました。
質問コーナーを経て最後の曲と話し『I Remember』を披露しました。
「もう1曲歌ってもいいですか?」と話し、絵理子がアコギを持ち『One More Dream』を披露しました。
最後にメンバー紹介をして終了となりました。
去り際に「終わりたくないよ〜」とつぶやいたhiroの言葉が印象的でした。


いやぁ、楽しかったです!
バンド無しということが不安材料の一つだったんですが、
それを感じさせないパワフルなステージにただただ圧倒されました。
来週からのアリーナ公演では少し変わるらしいのでDVD化が楽しみです。
完全燃焼しました!