読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

shun21 diary

ライブレポートや観劇の感想中心。基本ネタバレします。

ハナレグミ@Zepp Sendai

今、電車の中です。
今日はハナレグミのアコースティックライブです。
どんなライブになるのか今から楽しみです。
んじゃ楽しんできます!


セットリストは↓。

01.PEOPLE GET READY
02.あいのわ
03.音タイム
04.Three Little Birds〜Don't Think Twice, It's All Right
05.心空
06.青い闇をまっさかさまにおちてゆく流星を知っている
●センターステージに移動
07.マドベーゼ
08.踊る人たち
09.きみはぼくのともだち
●メインステージに移動
10.360°
11.あいまいにあまい愛のまにまに
12.明日天気になれ
13.光と影
14.大安

Encore
15.ハンキーパンキー
16.ボク・モードキミ・モード
17.Happy Birthday To You
18.oasis
19.あいのこども

「しゃしんとうたう」というタイトル通りスクリーンに写真を映し出して歌ってました。
最初の3曲は写真を映したスクリーン越しに見る感じでした。
その雰囲気がなかなか良かったんだけど3曲目の最後の方で赤ちゃんの泣き声が(苦笑)
タカシくんはMCでうまくカバーしてたけどね。
あと空気に飲まれてたのかお客さんが1曲毎に拍手できずにいたから、
「拍手していいんですよ」と話し空気をなごませてました。


センターステージではゲストのタップダンサー、熊谷和徳さんが登場。
タカシくんと大穂さんと熊谷さんのバトルがカッコよかった。
生でプロのタップダンサーの方の踊りは初めてみたんだけどすごいの一言に尽きるかな。
ホント凄かった。


センターステージでは3曲披露してメインステージに戻ると、
オフマイクで「心細かった」と大穂さんがタカシくんに話してるのが面白かった。
『360°』『oasis』の2曲は後半にタカシくんのドラムを叩くシーンがありました。
『あいまいにあまい愛のまにまに』はバラード部分で終了。
『大安』はアレンジを結構変えてました。


アンコールは熊谷さんも登場し『ハンキーパンキー』からスタート。
熊谷さんのタップはリズムとして音楽の中に生きてるなぁと思いながら聴いてました。
「ここで最近誕生日を迎えた仲間がいる」と話し、曽我大穂さんへ『Happy Birthday To You』を歌でプレゼント。
スタッフからもケーキのプレゼントがありました。
あと各メンバーのソロのプレゼントもありました。
oasis』ではまたもやソロバトルが発生。
カッコよかったです。
最後はタカシくん一人になり『あいのこども』を弾き語りで歌い終了でした。


気づくと22時過ぎてるじゃないですか。
んで地震があったらしいんだけど全く気づかなかった。
仙台は震度2だったみたい。
いいライブでした。
Zeppでイスありまでは普通にあるけどセンターステージは珍しいよね。
皆さんカッコよかったなぁ。
今アルバムを作ってみたいだから次はそのアルバムをひっさげたツアーかな。
ARABAKIは日程的に行けなそうだし。
次、楽しみにしてます。
完全燃焼しました。