shun21 diary

ライブレポートや観劇の感想中心。基本ネタバレします。

Do As Infinity@日比谷野外大音楽堂

今、福島駅行きのバスの中です。
今日はDo Asです。
デビュー12周年記念の野音ライブ、今から楽しみで仕方ありません。
5周年の時はセットリストが良すぎたんだよね。
あとファンクラブ「Dive At It」の入会もしなきゃね。
んじゃ、楽しんできます!


セットリストは↓。

01.最後のGAME
02.Special
03.冒険者たち
04.BE FREE
05.翼の計画
06.Good for you
07.誓い
08.陽のあたる坂道
09.one flesh
10.Week!
11.Painful
12.Field of dreams
13.僕たちの決断
14.Need Your Love
15.HARUKA
16.アリアドネの糸
17.シグナル
18.under tne sun
19.Grateful Journey
20.One or Eight
21.本日ハ晴天ナリ

Encore
22.黄昏
23.ワンダフルライフ
24.遠くまで

松本淳さんのドラムソロからライブスタート。
他のメンバーも登場し『最後のGAME』に突入。
久しぶりの披露でしたが盛り上がります。
『Special』はLet's go!が楽しいね。
『冒険者たち』はEIGHTツアーに引き続き序盤での登場。
『BE FREE』を披露しMCへ。
野音は僕らにとって特別な場所」と話してるのが印象的でした。
『翼の計画』は2009年のツアー以来でサビのコーラスアレンジが素敵でした。
『Good for you』も久しぶりの披露で大好きなこの曲を聞けて嬉しかった。
『誓い』を披露しMC。
野音のDVDを見てファンの皆さんと一緒に年を取ってる」というのが印象的で。
『陽のあたる坂道』はド定番なんだけどワンマンでは久しぶりで懐かしかった。
『one flesh』はNYLツアーの一部でしか歌われてなかった楽曲でサビのMy friendのコーラスが懐かしかったりして。
なんかいろいろ思い出したりしてよかったな。
『Week!』はワイパーが辛くなってきたなぁ。
『Painful』は亮さんがラッパーに変身しHIPHOP調に楽曲を汚してました(笑)
それを見て伴ちゃんとコーラスのYUKAさんは少し笑ってしまいちょっと歌が飛んでました。
MCで『Painful』は迷曲といってましたが原曲は普通に名曲だと思うんですが。
『Field of dreams』『僕たちの決断』と歌詞の世界観が続く2曲を続けて披露。
グッときました。
『Need your love』が次でこれまた久しぶりの披露でした。
『HARUKA』を披露しMCへ。
後半戦は『アリアドネの糸』からスタート。
『シグナル』はミラーボールを使った演出がよかった。
『under tne sun』は盛り上がりそのまま大好きな『Grateful Journey』に突入。
『One or Eight』のメンバー紹介ではYUKAさんの持ち歌であるキテレツ大百科の『お料理行進曲』を披露してくれました。
ラストは『本日ハ晴天ナリ』。


アンコールではまず写真撮影をし、FCの告知、CDLの発表(2daysでセットリストが大幅に違うらしい)。
そして新曲『黄昏』の初披露。
『黄昏』は三拍子のきれいなバラード。
CD音源が楽しみな感じでした。
ワンダフルライフ』では伴ちゃんがアコギを披露。
ラストは何かなぁ?と思ったら『遠くまで』でした。
最後にこの曲は珍しいなぁという印象でした。
客だし曲は『あいのうた』でした。


Do Asの全曲からまんべんなくセレクトしたセットリストが印象的でした。
結構マニアックな感じでマンネリも解消されたような感じ。
7年ぶりの野音を心から楽しんでるのが伝わってきました。
次はCDLだけど両方いくか迷うな。
去年みたいにニコ生で放送してくれたらいいのにね。
受付がまだなんで悩んでみようと思います。
あと久しぶりにDVD化してほしいです。
完全燃焼しました!