読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

shun21 diary

ライブレポートや観劇の感想中心。基本ネタバレします。

サンドウィッチマン@紀伊國屋サザンシアター

現在会場近くで食事中。
今日はこれから紀伊國屋サザンシアターサンドウィッチマンの単独ライブを見てきます。
東京公演の参加は今日の昼公演のみ。
去年は東京公演だけで3公演も見たのにね。
ま、この後郡山と仙台に参加できるからいいか。
事前情報なしなんでまっさらな状態で見てきたいと思います。
楽しんできます!


内容は↓。

コント「エステ」
VTR「サンドウィッチマンの体力測定」
漫才「歯医者さん」
VTR「伊達の強打は本当か?前編」
コント「パンダ」
VTR「伊達の強打は本当か?後編」
コント「ストリートミュージシャン」
VTR「テレビショッピング」
コント「哀川頂」
VTR「ラジオ」
漫才「お礼の手紙」
エンディングトーク
おまけ1 やまなか屋CM2本
おまけ2 ショートコント「不良」

今日の席は18列のサイドブロック。
後ろから4列目。
サイドブロックは前の方しか座ったことなかったから今まで気づかなかったけどこの劇場って両サイドに通路がないのね。
やっぱり災害とかあった時、もし一番奥だったら心配になるね。
シアタークリエとかもそうだけどね。


ニホンジンのお笑い芸人という曲からオープニングへ。
オープニング映像の曲がRake作曲の楽曲から新たな楽曲変更。
今回のポスターのユニフォーム姿の映像が流れる。
コント『エステ』は伊達さん、富澤さんが最初に登場する時の拍手が各2・3回あって「このままだといつまでも始まりませんよ!」と伊達さんw
ネタに入ると初めから笑いを取っていきました。
サンドらしさが詰まってて好きだな。
VTR『体力測定』は今年40歳の2人にどれくらい体力があるか調べたもの。
伊達さんはボール投げの飛距離と50m走が平均より上。
富澤さんは上体反らしがほぼ平均でした。
他のは平均以下が多かったかな。
漫才はまずオープニングトーク。
小島さんいじりあり、手作りうちわいじりあり、バイキング・ドル箱ネタもありました。
ネタの導入部分で伊達さんが含み笑いをし、すぐに止める富澤さんw
どうしたのか聞いたところ「上手く漫才に入れたから」と話しておりましたw
漫才『歯医者さん』はサンドの王道的な漫才だと感じました。
VTR『伊達の強打は本当か?』は今回のVTRで一番お金がかかってるw
まず球場を貸し切る。
次に解説者も本物を用意。
電光掲示も表が「伊達」、裏が「みきお」の2つのみ。
ルールは9回裏までにホームランを打てるかどうか。
投手が見つからなかったので機械を用意。
結果、ホームランは打てませんでした。
「機械だから打てないんだ!」といちゃもんをつけ、投手を事務所の後輩にさせて延長3回を要求。
やったがまたもやダメ。
最後はホームベースなどを自分で近くに書いて柵の中にボールを入れてましたw
コント『パンダ』は寂れた動物園の話。
伊達さんがボケのネタかな?ちょっと記憶があやふやだけど。
伊達画伯の絵など小ネタもあり面白かった。
コント『ストリートミュージシャン』は恒例の富澤さんのハードボイルドネタ。
伊達さんがコードがめちゃくちゃなギターで最初歌うんだけど、後半に事務所の後輩のミュージシャンである大友ジュンさん作曲、富澤さん作詞の曲があってその曲だけ当てぶりで歌うのが違和感w
だって最初めちゃくちゃなコードだったのが、その曲の時だけミスが全くないギターで曲も名曲でおまけにアコギのコードを押さえる手が全く変わってないとw
ネタとしては面白い試みだけど違和感が私は残ったな。
音楽好きとしてはアルペジオとか専門用語が出てきて面白かったけど本人はどういうことがわかってなさそうw
VTR『テレビショッピング』はツアーグッズ紹介のコーナー。
司会は富澤さんと井森美幸さん。
紹介する人は伊達さんが扮する社長。
伊達さんの顔芸が面白かった。
使用してみた人としてポーチがいとうまい子さん、Tシャツが内山信二さん、クリアファイルが坂上忍さんが登場してました。
コント『哀川頂』、今回は過去のネタのマッシュアップではなく新ネタ。
CM撮影でバスタオル一枚の伊達さんが縁の遠い人へそのままの姿でウエディングメッセージを送るというもの。
このコント、結構グダグダだったようなw
ラジオ、ゲストは運転免許の試験場の近くの写真店の店主。
ラジオネタ、今まであまり好きじゃなかったんだけど面白かった!
漫才『お礼の手紙』は伊達さんが富澤さんの息子と出かけたことに対するお礼の手紙。
あっという間だったかな。
エンディングトークはまたカレンダーを作った話題から。
去年のよりは良さそうだった。
サインを20本だけ書いたみたい。
「また雨が降ってきたみたいので気をつけて帰ってください」と伊達さんが言ってくれてこういう優しい配慮が嬉しいね。
まぁ、雨は上がってたけどねw


楽しかった!
これからネタがどれくらい熟成されるか次の郡山公演で確かめたいと思います。