shun21 diary

ライブレポートや観劇の感想中心。基本ネタバレします。

サンドウィッチマン@郡山市民文化センター・中ホール

現在、福島駅行きのバスの中。
今日は郡山市民文化センター・中ホールにてサンドウィッチマンを観てきます。
サンドは多賀城以来なので3ヶ月ぶり。
今年の単独ライブも例年通り新ネタらしいのでどんなネタが揃ってるのか楽しみです。
楽しんできます!


到着。




17:55終演。内容は↓。

コント「子供服店」
オープニングトーク
漫才「エレベーター」
コント「レストラン」
コント「刑事富澤」
コント「喫茶店」
漫才「自転車屋」
エンディングトーク&サイン色紙抽選会
おまけ「ペヤング焼きそばCM2本」
ショートコント「ペヤング」

幕間VTRは20年目お祝いコメント2人ずつ5回に分けて。

「子供服店」は恒例のモノボケネタ。
服が真ん中から裂けたりなど。


オープニングトークは郡山には思い入れがあると毎回話す伊達さん。
郡山女子大の近くに住んでたとか。
若気の至りと話しておりましたが仙台から郡山まで何分で行けるかとかやってたらしく最短40分とか話してたけど危ないよ(苦笑)
事故った話をまたしてたけど詳細には知らなくて安達太良SAー本宮IC間を冬場に凍結してて数十針縫って2日後に退院したとか。
お馴染みの0キロカロリーの話とか小島さんいじりとか。
伊達さんの理論ではカロリーは高温と低温に弱いらしいw
小島さんは次の公演地である宮崎まで新幹線と特急を乗り継いで片道12時間かけて行き、特別公演のロンドンも行くとかやはりファンの鑑です。


漫才の「エレベーター」はエレベーターが止まる設定の漫才。
「レストラン」は富澤さんが出演してたドラマ「カルテット」のレストラン「ノクターン」をもじった店名で伊達さんがサプライズプロポーズを相談するという設定。
「刑事富澤」は富澤さん一人のネタで刑事が電話で爆弾を仕掛けた犯人と交渉するというネタ。
オチの度に子供の声で「けいじとみざわ」とブリッジが入るネタなんだけど個人的には一番面白かったかな。
「喫茶店」は伊達さんネタなのでおやじカフェという設定しかない台本のないネタ。
萬みきおが少しと安倍首相と阿部寛さんと西田敏行さんのモノマネが多めの印象のいつもの伊達さんのネタでしたw
漫才「自転車屋」はその名の通り自転車屋の設定のネタ。
短めのネタだけど面白かったなぁ。


エンディングトークは伊達さんの安倍首相のモノマネが最初あまり似てないという話になり、グッズ紹介。
富澤さんの有名な高校の卒業アルバムのTシャツができたそうw
東北公演のなので今回はサインボール投げではなくサイン色紙を10名にプレゼント。
なんでもサインボール投げだと後ろの方まで届かないからだそう。
個数が減るからサインボールの方が嬉しかったけど不公平というのはわかる。
でも10枚は少ないなぁとは思う。
ただ枚数を増やすとなるとただでさえ時間が伸びるサンドのライブなのにもっと伸びてしまうし、無くしたら無くしたで文句言われるだろうしいい案がないものかね?


楽しかったけど郡山公演では私の場合帰りの時間との勝負になるのは毎回のことだけど仕方ないのかな?と思う。
長くなるのも嬉しいのだけど今日も新幹線の予約した時間の都合で途中退場の方もいたしね。
サンドの場合(主に伊達さん)時間が伸びてしまうのがなぁ。
次は仙台2days。
楽しみにしてます!