shun21 diary

ライブレポートや観劇の感想中心。基本ネタバレします。

「竹原ピストル×aveツーマンライブvol.11」@福島市・Re-Acoustic

現在福島駅行きのバスの中。
今日は福島市のRe-Acousticにて竹原ピストルさんとaveさんのツーマンライブを観てきます。
運良く予約が取れたので25名限定のライブにまた参加できます。
こうやってバスで福島市に行くのは今回が最後かぁ。
というのも今月いっぱいで相馬ー福島線は廃止することが決定。
なので今後は東北本線の岩沼経由か仙台から新幹線のどちらかに限られてしまう。
常磐線が復旧してから利用客が減ったらしいから仕方ないけどまた中通りが遠くなるなぁ。
ライブの話に戻るとピストルさんは3月のギタージャンボリー以来2ヶ月ぶり。
aveさんは2月のツーマンライブ以来なので3ヶ月ぶり。
どんなライブになるのか予想がつかないけど楽しんできます!


到着。



22:10頃終演。
ピストルさんが歌った曲を書き出しました。
(ピストルさんソロの曲の順番はほとんどめちゃくちゃです。)

竹原ピストル
オールドルーキー
It's my life!!
それじゃただの大人だろ
マスター、ポーグスかけてくれ
藍色のハンカチ
RAIN
ぐるぐる
狼煙(曲付き)
Forever Young
隠岐手紙
俺のアディダス〜人としての志〜
あ。っという間はあるさ
浅草キッド
全て身に覚えのある痛みだろう?
よー、そこの若いの
ドサ回り数え歌

●ave

●竹原ピストル×ave
1.R-399
2.こんなに離れていても(途中からアカペラで大合唱)

ピストルさんソロはギターのチューニングを何度も気にしてたんだけど今日はギター関連のハプニングが2時間半のライブ中、何度もあった。
何の曲か忘れたけどアコギをチェンジしてたのが珍しいなぁと思って見てた。
aveさんもエレアコの弦を切るのもあまり見ないなぁと思って。
途中でアコギに持ち替えてスピーカーを通さないで披露してたり、その間に弦をthing of gypsy lionのhiroponさんに影で張り直してもらったりとか、この内容をただのハプニングと思うかレアなライブと取るかは観た人次第w
ちなみにギタートラブルはこれだけじゃないんだけどそれはネタ的に最後に話します。


ピストルさんの話に戻します。
新曲は「It's my life!!」と故・大杉漣さんのお別れの会で貰った藍色のハンカチをモチーフに書いた「藍色のハンカチ」と隠岐の島のことを書いた「隠岐手紙」と「狼煙」の曲付きと曲紹介しなかった新曲「あっという間はあるさ」の4曲と盛りだくさん。
「藍色のハンカチ」は名曲だと思ったし、「It's my life!!」は泣きそうになったわ。
隠岐手紙」はフォーク調で、少し違うけど「落陽」あたりを思い出した。
「狼煙」の曲付きは「ちぇっく!」っぽい早口&早弾き楽曲でめちゃくちゃカッコよかったんだけど!
あんなに変わるんだと思ってびっくりしたわ。
新曲以外で聴けて嬉しかったのは「それじゃただの大人だろ」がずっと生で聞きたかったから聴けて嬉しかったなぁ。
配信限定の「よー、そこの若いのe.p.」にのみ収録なのが勿体無いくらい。
「こんな晴れてる日に言うのも何ですが、梅雨の季節が近づいてるので梅雨の時期に東北を旅した時の曲を歌います」ってなに歌うんだろ?と思ったら「RAIN」。
「Forever Young」の前だったと思うけどギターのチューニングをしながら「TVでブルーハーツを見てた少年期に8つ上(年齢の記憶があやふや)の絶対音感持ちの姉が一言"ベースのチューニングが酷いね"と言われて、ぼくはあんなに衝撃受けてたのにその一言wということでチューニングが大切という話です」という笑いネタw
「この後、多分aveが歌うから歌わない方がいいのかな?と思ったけど、まて、俺の曲だ!w」と「全て身に覚えのある痛みだろう?」を歌の語尾を2番からaveさん風にアレンジを加えながら披露w
ちなみにaveさんは1曲目に持ってきましたーw
「よー、そこの若いの」は配信限定のlive ver.に近いギターのアプローチで最近のアレンジに慣れてたからびっくりした。
「ドサ回り数え歌」でピストルさんソロの出番終了。


aveさんはやっぱり歌もギターも上手いなぁと。
あとaveさんのMCでこのライブを取るのに偽名を使ってる人がいると話してたけどその話を聞いてちょっと酷いなぁと思ったな。
本人確認とかしたらこういうことは無くなると思うけど今日のaveさんの話からは今のところ無さそう。
予約開始から1分以内で予約が埋まるレアライブなんだから本人確認しても良さそうなんだけどね。
最後に「福の歌」を歌ったんだけどそれも急遽の選曲。
「そんなに聞きたいのぉ?」とaveさんw
歌詞をオリジナルにしたり歌わせたりなかなか面白かった。


お二人のコラボ「R-399」は1番は調子良くて「今までで一番上手く歌えてるかも」とピストルさんが自画自賛した瞬間、2番の入りをしくじったw
「こんなに離れていても」はどの辺だったか忘れたけど序盤でaveさんのエレアコのギタートラブルというか弦がまた切れたっぽい。
ギター演奏を諦めて壁に掛けたところケーブルが抜けるノイズ音が。
その後、アカペラで歌う二人に客も入り乱れ大合唱に。
これはこれですごいなぁ。
客全員が歌えるという時点で凄いしこれはいい思い出になったなぁ。
ステップを踏んで手を叩きながら歌うことを「こんなの、福耳以来w」というピストルさんw
去り際に「変な集会ですよw」とピストルさんが話して「レアだレアだ」とaveさんw


帰り際に色紙にサインをもらって「いつもありがとうございます。また来てね!」と言ってくれるピストルさんの優しさが素敵で。
心があったかくなってホテルでこれを書いてます。
確かにハプニングがいっぱいあってレアなライブだけど、あの「こんなに離れていても」の大合唱は忘れられないと思う。
それくらい衝撃的だった。
この規模じゃなきゃ体験できないともね。
また時間作ってリアコのピストルさんとaveさんのツーマンライブに行けますように。
予約が取れるかどうかもわからないけどね。
素敵なライブでした!


写真撮影OKなところの写真を少しだけUPしときます。






あとライブ終了後に貰ったピストルさんのサイン色紙。