shun21 diary

ライブレポートや観劇の感想中心。基本ネタバレします。

竹原ピストル@横浜・ランドマークホール

夜は横浜のみなとみらいにあるランドマークタワー内のランドマークホールにて竹原ピストルさんのライブを観てきます。
このチケットも運良く取れたチケット。
この会場は今月リニューアルオープンしたばかりで、私はこの会場で七夕にDo As Infinityで観たばかり。
段差なしのパイプ椅子で軽くジャンプしただけで床が揺れるというマイナス面がありますが、GLTツアー初日のNHKホールの3000人の1/6の500人という少ないキャパの会場で観れるのが貴重なのは変わりありません。
今日はどんなセットリストになるのか楽しみです!
海の近くだから「カモメ」を歌う可能性ありそう。
毎回ライブは生き物のように変わりますので、悔いのないように楽しんできます!


到着。



20:20頃終演。
歌った曲、書き出しました。
多分これで全部だと思います。

オールドルーキー
LIVE IN 和歌山
よー、そこの若いの
どーん!とやってこい、ダイスケ!
ゴミ箱から、ブルース
Gimme da mic!!
みんな〜、やってるか!
月光の仮面
Forever Young
ぼくは限りない 〜One for the show〜
カモメ
隠岐手紙
I miss you…
じゅうじか
全て身に覚えのある痛みだろう?
リョウジ
It's my life!!
あ。っという間はあるさ
オーバー・ザ・オーバー
ママさんそう言った -Hokkaido days-
Amazing Grace
ちぇっく!
ファイト!/中島みゆき
落陽/吉田拓郎
ドサ回り数え歌
狼煙(曲付)

Encore
1.復興の花
2.Here we go!!
3.へっちゃらさ、ベイビー
4.のらりくらり(2回歌詞飛ばしでノーカウント)
5.浅草キッド/ビートたけし
6.マスター、ポーグスかけてくれ
7.のらりくらり

ハプニングが何度かあったけどそれはそれで場数が武器よな方なのでハプニングさえも自分の味方につける強さが凄かったなぁ。
ハプニング1つ目は予定のセットリストから2曲飛ばしそうになったこと。
ちなみに曲は「月光の仮面」と「Forever Young」でした。
「月光の仮面」は照明演出が印象的なんだから飛ばしちゃダメじゃんw
ピストルさんの釈明としては「セットリストを書いた自分の字が汚すぎて読めなかった」とw
ハプニング2つ目はピストル曰く苦手曲の「のらりくらり」。
2回も歌詞を飛ばしてしまいました。
歌い終えた後、ノーカウントと言ってました。
アンコールラスト予定の「マスター、ポーグスかけてくれ」を歌った後に「今日家に帰った後、このままだと寝れなくなりそうだから歌わせて!」と言って歌った「のらりくらり」の手拍子の一体感は凄かったなぁ。
ピストルさんもミスなしで歌いきったし途中「あと少し」とか曲途中で言うの、aveさんっぽかったけどねw
小さいミスだと「It's my life」のイントロの口笛をやり直したくらいかな。


初めて生で聴けた「Gimme da mic!!」、赤の照明が相まってかとてもカッコよかったなー。
「It's my life」は早く音源化してほしいです。それくらい大好き。
「あ。っという間はあるさ」は福井あたりをツアーしてた時に書いた曲とのこと。
聴くのは2回目だけど忘れてるからさw
Popでいい曲だったよ。
隠岐手紙」はやっぱりかっこいい!
「カモメ」は何度聴いても歌詞が好き。


「今日、みなとみらい駅から歩いて会場入りしたんですけど紅白歌手なんで気づかれるかなー?と思いながら、なんならゆっくり歩いてみたんですが誰にも声かけられなかったので今(ライブで)ちやほやされて嬉しいですw」というご当地MCw
野狐禅・ハマノくんと解散してから数年後に「オープニングアクトやらせてください」と言われて、「なんて男気のある人なんだ」と思い快諾し、甲信越と沖縄にツアーで回ってその時のことを曲に書いたと話した後、ライブ中、MCで滑れと何度も思ってて何度も思い通りにいったというオチからの「全て身に覚えのある痛みだろう?」は泣けたよ。
Amazing Grace」はいつものMCに加え、ピストルさんのお母さんが糖尿病で入退院を繰り返してるという話が加わって、ピストルさんの願いがいつも以上に伝わったような気がしました。
バーは3曲。
「ファイト!」は泣いたよ。
続けて「落陽」、素敵だった。
アンコールで「浅草キッド」も素敵だった。


アンコール。
「復興の花」はピストルさん自身が福島市で被災したことを話してからの西日本のことに触れ「西日本に届くように大きな声で歌います!」と。
「Here we go!!」は音源化前に2度ほど聴いてますがちゃんと聴き込んでから生で聴くと泣けて泣けて仕方なかった。
歌詞が素晴らしすぎて。
ちなみにイントロのブルースハープは無しでした。
「へっちゃらさ、ベイビー」も素敵だった。
「マスター、ポーグスかけてくれ」はらららの合唱はなし。
神奈川県で行ったことのあるライブ小屋をいくつもあげて「一番やばいのは横須賀」と言い放ったピストル氏w
あとは上で書いた通りのことが起きたのでまた特別なライブが増えました!


全体的にギターアレンジが冴え渡ってたのが気のせいだろうか?
途中でコードを変えるなんて前まではしてなかったのに。
かっこよかったです!
あと今日のお客さんもノリが良かったです!
今日の「のらりくらり」は忘れられないだろうなぁ。
次の予定は半月後の市川です。
こちらではツアトラが見れそうかな?
楽しみにしてます。
完全燃焼しました!