shun21 diary

ライブレポートや観劇の感想中心。基本ネタバレします。

新妻聖子@日立システムズホール仙台(仙台青年文化センター)・シアターホール

現在常磐線の電車の中。
今日は仙台市青年文化センターシアターホールにて新妻聖子さんを観てきます。
19時開演なのに事情により午前中の出発ですw
新妻さんをコンサートで見るのは前回の仙台公演に続き2回目。
楽しんできます!


到着。



21時頃終演。セットリストは↓。

●1部
01.ラ・マンチャの男
02.アライブ
03.Colors of the wind [ポカホンタス]
04.君をのせて [天空の城ラピュタ]
05.童神 / 古謝美佐子
06.命をあげよう [ミス・サイゴン]
07.着飾って、輝いて [キャンディード]

●2部
08.Never Enough [グレイテスト・ショーマン]
09.U.S.A. / DA PUMP
10.Sisters
11.いのちの理由 / さだまさし
12.On My Own [レ・ミゼラブル]
13.心の声 [マリー・アントワネット]

●Encore
14.Nessun dorma~誰も寝てはならぬ

バンドメンバーが登場し演奏開始。
今回は鍵盤・バイオリン・チェロ・ベース・ドラムという編成。
まずはもう彼女の代表曲となっている「ラ・マンチャの男」からスタート。
初めて聴いた時は驚いた記憶があったけどもう馴染んじゃってこれが普通になってしまってることが恐ろしいw
「去年はプライベートなことで出産をして少し休んでいたんですが、生きてたということの証明として」と話しSG曲「アライブ」を披露。
新妻さんって歌い上げるというイメージの人も多いと思いますが、この曲は良い意味で力の抜けたボーカルが堪能できます。
「5月にアルバムを出すことになり、そのタイトルのColors of the lifeの元となったポカホンタスの曲がありまして、「Colors of the wind」という曲とアニメ繋がりでジブリの「君をつれて」を」と話し2曲連続披露。
ポカホンタスの「Colors of the wind」は日本語での披露でした。
確か映画では土居裕子さんが歌ってた曲だよなぁと調べたら正解でした。
「君をのせて」は優しい楽曲ですね。
「次は母親になったから歌いたい曲ゾーンでして沖縄の子守唄である「童神」とミス・サイゴンから「命をあげよう」を歌います。ミス・サイゴンを見たことがある方はいらっしゃいますか?」と聞き、前の方で拍手が起きた(私を含むw)。
この反応を見て説明を掻い摘んで話してました。
まず頭に「ミス・サイゴン=悲しい話」を置いてw「ベトナム戦争の話で米兵との子供を産み、3年が経って子供にあなたのためなら命さえあげることができるという歌」といった感じだったかと思います。
1幕ラストの「命をあげよう」までのストーリーを掻い摘んだ形ですね。
その後のすれ違いなどのあれこれは全く話さずでした。
そのMCの後に「童神」をまず歌います。
「童神」は個人的なことを話すと元SPEEDの島袋寛子さんがカバーした沖縄の方言で歌われたウチナーグチver.を結構聴いてたので、今回新妻さんは方言ではないヤマトグチver.での披露でしたので新鮮でした。
柔らかい歌声でとても素敵だったなぁ。
「命をあげよう」はヘリコプターからミス・サイゴンのOvertureが演奏されて一気にベトナムの空気に引き込まれてからの「命をあげよう」なので私は新妻キムは観てませんがやっぱり彼女はキム役者なんだなぁと改めて思ったりしました。
(Overtureのあのホーンセクションの打ち込みはどうなの?という話は置いといてw)
1部ラスト曲と話し、「次に歌う曲も帝国劇場のミュージカルでキャンディードという作品の「着飾って、輝いて」という曲を歌います。今回のコンサートツアーで一番チャレンジな曲」と話し「この曲に関する説明はできる」と話し「私が演じたクネゴンデは元々はお嬢様だったんですが、この曲を歌ってる時点では別の国へ行き、愛人として生きて、見た目は変わらないかもしれませんが今の生活を惨めだと思ってて、宝石で着飾っても心は満たされない。こういう内容をコロラトゥーラ・ソプラノ(だったかな?)というソプラノの上の音域を行ったり来たりします。途中でセリフも入りますので驚かないでねw」と話してました。
「着飾って、輝いて」は凄い曲ですね。
新妻さんのソプラノが綺麗に響いて感動しました。
曲中に宝石で実際に着飾って、最後の方には口の周りに口紅で書くというw
すごい姿ですごい曲で1部ラストとなりましたw


15分の休憩を挟み、2部は映画「グレイテスト・ショーマン」の「Nerer Enough」からスタート。
素敵だったなぁ。
衣装をパンツルックにヒラヒラがついたものに変えてましたがその理由がこの後判明。
「アイドルカバーコーナーを毎ツアーでやってまして(初年度の方をど忘れてしまいorz)、2年目は中森明菜さん、3年目は松田聖子さんとやって「80sアイドルだけなのかな?」と思わせておいて次の年AKB48の「フライングゲット」をやりまして」と話し、
「それが楽しくて今回も踊る曲にしました。最近の踊る曲と言えばU…SAとDA PUMPさんの「U.S.A.」をやります。一昔前はYMCAだったんですけどねw 皆さん今日は疲れて座っていたいという方もいらっしゃると思いますが立っていいねダンス踊りませんか?」と話し段々と客席が立ち出すw
「私もこのままでは踊れないので(と15cmのヒールとヒラヒラを取ってアメリカ国旗柄の光るスニーカーを着用w)。楽屋で(背が)小さいんですねとよく驚かれるんですw」と話し、
DA PUMPさんはプロのダンサーなのでダンスが難しくて。手のフリを「ガッテンだ!」という下ろす感じで覚えましたw 皆さんは隣の人とぶつかったりで嫌な気分で帰りたくないと思うので足のフリはしないでいいです。手のフリだけで。イントロとかはDA PUMPさんが最後に踊ってるひよこダンスを踊りますのでよかったら皆さんも」と振り付け講座をして「U.S.A.」へ。
生楽器とシーケンスでやってましたが弦楽器が入ってたのでレコード大賞とかうたコンでやってた感じに近くてカッコよかったなぁ。
間奏中にメンバー紹介と紹介されたメンバーがいいねダンスを踊ってました。
歌い終えてから元の姿に戻るためにバンマスの方に改めてメンバー紹介をさせるというw
「仙台駅に降り立ったら発車ベルが(さとう宗幸さんの)「青葉城恋唄」で、この曲を聖子さんにカバーしてもらうのもいいんじゃないかな?」と話し「すみません、勉強不足で…」とまさかの知らないという。
メロディをピアノで弾いてもピンときてないみたいで「あとでYouTubeで勉強します」とw
そういや新妻さんって帰国子女だったんだよなぁとライブ終了後に思い出し、一人納得する私w
「次は家族愛のテーマの曲を2曲。私のオリジナル曲で姉が作詞作曲した「Sisters」という曲とさだまさしさんの「いのちの理由」を歌います。「Sisters」は新妻家のノンフィクションがそのまま書かれてるといっても過言ではない曲で、姉が書いた曲を妹の私が歌うんですが、今回は姉がコーラスを事前に録音してそれに合わせて歌います」と話して「Sisters」と「いのちの理由」を続けて披露。
「Sisters」は新妻さんの歌声はもちろん素敵なんですがお姉さんのコーラスも素敵だった。
さだまさしさんの「いのちの理由」は歌詞が伝わってきて泣きそうになったわ。
「次に歌うのはミュージカル曲に戻りまして、オーディションを受けて2003年に役者デビューした時のレ・ミゼラブルの「On My Own」を歌います。曲としては「(ファンテーヌが歌う)夢やぶれて」の方が有名かもしれませんが、ミュージカルの中でエポニーヌが歌うこの曲が重要な曲で。貧しい少女が好きな人が出来、叶わない恋を歌う曲」と話し「On My Own」を披露。
「One Day More」のイントロを引用してからの「On My Own」のイントロへ行ったのですんなりとレミゼの世界へ。
レミゼはオリジナル演出から何度も見てますが新妻さんのエポニーヌは残念ながら見れてなくて念願の新妻エポでした。
なんで舞台で観てなかったんだろう?と後悔するほどの素敵なエポニーヌで感動しました。
「On My Own」を歌い終えると今日1の拍手が!
「私は2003年から2011年までの今の2013年からの演出とは違う前の演出の時に関わらせてもらって、「On My Own」が歌い終わって拍手をもらい…拍手は本番中はほとんど聞こえてないんですがw、バリケードが作られてその中に入って行くシーンを思い出します」と話し
チェロの方が現在のレミゼでオーケストラに入ってて「レミゼいつからだっけ?4月、今何月だっけ?w3月。まだやってて大丈夫なの?w」と聞き、経験者だから4月の開演ギリギリまで大丈夫と話してました。
レミゼは仙台に…こないか。近くだと…通り越して北海道だから東京の方が近いかー」とフリーに話してから
「次でラストになります。次に歌うのも帝国劇場で上演された作品であるマリー・アントワネットから「心の声」を歌います。現在の新妻聖子の基礎となった作品。世界初演作品で2006年から2007年の7ヶ月のロングランで血を吐きながらやってました。フランス革命の話で、大切な恩人を
目の前で殺され、革命へとつながる重要な曲で、私はこの曲に背中を押されてたと思います」と話し「心の声」を披露。
今年1月までやってた演出では「決して許さない」と歌詞とタイトルが変わった曲です。
新妻さんは初演の歌詞の「心の声」を歌ってました。
素敵だったなぁ。
初演版のCDが欲しくなるくらいw
アンコールはグッズのTシャツ紹介をしてから「今から家に帰ってお風呂に入って寝ると思いますが最後に「誰も寝てはならぬ」という曲を歌いますw感謝の気持ちが伝わっていい気持ちで帰れると思うのでと話し「Nessun Dorma」を歌い終演となりました。


終わって21時。終電に乗りながら書いてたら最寄駅に着いたw
楽しかったし感動したし最高でした!
また仙台で見れるときは行きたいと思います。
完全燃焼しましたー!