shun21 diary

ライブレポートや観劇の感想中心。基本ネタバレします。

竹原ピストル@ NHKホール

現在、常磐線の電車の中。
今日は渋谷のNHKホールで竹原ピストルさんを見てきます。
1週間ぶりで2週間で3公演目のピストルさん。
レコ発ツアーの初日です。
いよいよ12月の初武道館へのツアーがスタートします。
19時開演で行く時は新幹線を使うのでこの時間の出発。
席は3階席だけどどの席でもピストルさんの歌声はちゃんと届くと思ってるから楽しんで来たいと思います。
楽しんできます!




グッズの先行販売で購入し、twitterのフォロワーさんに挨拶した。
NHKホール、ホール内電波圏外ってどうなの?w


21:27頃終演。とりあえず歌った曲を順不同に書き出しました。

オールドルーキー
LIVE IN 和歌山
よー、そこの若いの
どーん!とやってこい、ダイスケ!
RAIN
Forever Young
みんな〜、やってるか!
月光の仮面
ぼくは限りない 〜One for the show〜
リョウジ
ちぇっく!
俺のアディダス 〜人としての志〜
Amazing Grace
ゴミ箱から、ブルース
It's my life!!
全て身に覚えのある痛みだろう?
オーバー・ザ・オーバー
じゅうじか
マスター、ポーグスかけてくれ
一等賞
のらりくらり
カモメ
I miss you…
名も無き花
カウント10
STAY FREE!!
いくぜ!いくか!いこうよ!
ぐるぐる

Encore
1.浅草キッド / ビートたけし
2.隠岐手紙
3.ドサ回り数え歌
4.狼煙(曲付)

客のテンションが高いライブでした。
久しぶり見たかも、あんなにピストルさんに声かけてるの。
MCは長野のと青森のとハマノくんのと歌以外の仕事のことについて箝口令が敷かれましたw
長野と青森は散々過去の記事で書いてしまったんだが消したほうがいいんだろうか?w
半年使うそうなのでこのMCに飽きたら半年後来てねと。
つまり武道館に来てねという遠回しのメッセージですねw
紅白ネタは1曲目のHey Say Jumpさんの曲の振付をTOKIOの国分さんとSexy Zoneの中島さんに教えてもらったことを話し遠回しに今年も紅白に出たいと話しておりましたw
「(ギターを触りながらMCをすることについて)こんなこと、野狐禅時代はしてませんでしたからね!伸び代があるということでよろしくお願いします!w」と笑いを取ってました。


ライブの印象は3階のR5列で見たんですが音響の良さと照明の美しさが素敵だったなぁ。
ピストルさんは弾き語りだからギターと歌だけ。
なので演出らしい演出をしない代わりに照明で曲のイメージを演出するというシンプルさが素敵だった。
「のらりくらり」の歌詞飛ばししたところをファルセットで歌ってたのでこれはこれでよかったかなぁと。
「ゴミ箱から、ブルース」は(バイプレイヤーズの主題歌でこの作品が大杉漣さんの遺作になったこともあり)「祈りの歌になってしまった」と話してたのが印象的だった。
個人的には「It's my life!!」と「全て身に覚えのある痛みだろう?」の連続披露が泣けて。
「STAY FREE!!」と曲付きの「狼煙」の格好良さに痺れたなぁ。
新曲のアニメタイアップのついた「隠岐手紙」も先月のリアコ以来聴けたんだけどこちらも素晴らしかった。
初めて生で聴けた「じゅうじか」も素敵だった。
「一等賞」は1番の終わりに「変なフリ、やめてください!」と半分冗談で言ったのにやる人が増えたのは笑ったw
楽しみにしてた「Here we go!!」と「ドライブトライブ」が歌われなかったのは残念だったけど長いツアーのどこかで見れますように。
次見るのは7月の横浜公演。
なんとか取れたチケット、後ろの方だけど今日よりは近いと思うので楽しみです。
完全燃焼しましたー!

奥田民生@中野サンプラザホール

夜は中野サンプラザホール奥田民生さんを観てきます。
民生さんは4月の仙台以来なので2ヶ月弱ぶり。
席が良すぎるので楽しんできます!


到着。

3DOT。

ステージ。

小原礼さんのベース。

ツアトラ。




19:19頃終演。セットリストは↓。

01.MTRY
02.イージュー★ライダー
03.フリー
04.エンジン
05.KYAISUIYOKUMASTER
06.歩くサボテン
07.ミュージアム
08.サケとブルース
09.ゼンブレンタルジャーニー
10.海猫
11.白から黒
12.鈴の雨
13.イナビカリ
14.ルート2
15.俺のギター
16.いどみたいぜ
17.最強のこれから
18.ヘイ上位

Encore
19.愛する人よ
20.CHAINS / The Beatles (with 井上陽水)
21.アジアの純真 / PUFFY (with 井上陽水)
22.解体ショー

1階0列、礼さん側の前から2列目で見てきました。
まさかアンコールで井上陽水さんが乱入するとは予想外だった。
ビートルズのカバーとPUFFYの「アジアの純真」を歌うだけ歌って帰ってったw
アジアの純真」は2番のBメロを飛ばしてサビを歌ってBメロをやり直すというグダグダっぷりw
でも最高でした!
私はというと民生さんと湊雅史さんばかり見てた。
礼さん側だったのにw
ちょうど湊さんの方が空いてたのよ。
でもクラッシュシンバルで顔が見えず。
湊さんのドラム、多分私、日本のドラマーで一番好きだと思う。
おかずが多いしヘビーだし。
あんなに重くクラッシュシンバルを叩く人は湊さん以外見ないと思う。
逆にライドシンバルは優しくて美しい。
そのギャップやられた!w
民生さんは声量おばけw
出てきた早々、「アンコールありがとうー!」だもんw
個人的には早く「いどみたいぜ」のライブ音源が欲しい。
それくらいカッコいいアレンジになってまっせ!
あと「最強のこれから」の最後地声で上がりきるところがすごい好き!
本当に最強な楽曲!
これでこのツアーは見納め。
武道館は別の用事で見れないので今年のMTRYも見納め。
民生さんはユニコーン のFCツアーで見ます!
陽水さんを含めて最高でしたー!
完全燃焼しましたー!

ミュージカル「DAY ZERO」@青山DDDクロスシアター

現在常磐線の電車の中。
今日はまず、青山DDDクロスシアターにてミュージカル「DAY ZERO」を観てきます。
出演者・演出はこちら。

●演出
吉原光夫
●出演
弁護士 ジョージ・リフキン:福田悠太(ふぉ〜ゆ〜)
タクシー運転手 ジェームス・ディクソン:上口耕平
小説家 アーロン・フェラー:内藤大希
パトリシア他:梅田彩佳 
モリー・リフキン他の妻:谷口あかり
カウンセラー他:西川大貴

光夫さんの初外部演出作品。
初めて行く劇場なので迷わず行けたらなと思います。
楽しんできます!


到着。

座席表。



14:45頃終演
徴兵制がもし将来復活したらというアメリカの話。
ボロ泣きした。
将来日本も徴兵制が復活する可能性はゼロとは言えないし、遠い未来ではないんだろうなとなんとなく思いながら観てました。
恋人・家族と別れる時、私は何を言えるだろう?とか考えたら涙が止まらなくて。
題材的に重たいのかな?と思ったら手紙よりは重くなかった。
「今までの人生で一番悪いことを言う」ところは父親をナイフで刺したり、盗作したり、強姦未遂したりと3人ともクズだと思ったけどさ。
「悪いことはしてない。でもいいことをしたと言えるのだろうか?」という上口くんのセリフが頭の中に残ってて。
それぞれ徴兵を免れた人、自殺した人、逃げる人と別れたけど考えさせられる内容でした。
次は東京前楽日のマチネで見納めできます。
その時はどんな感想になるか分からないけど楽しみにしてます。

竹原ピストル他@仙台Rensa

現在常磐線の電車の中。
今日は仙台Rensaにて竹原ピストルさんを観てきます。
本当は見る予定がなかったもののどうせ仙台に来るならと思い、急遽当日券で見ることにしました。
プロモーターに問い合わせたところ500円UPの予定とのこと。
明日朝早いので失礼を承知の上でピストルさんの出番を見終わったらすぐに会場を後にする予定です。
多分セッションとかある可能性も否定できないけど仕方ない。
1週間のうちに2回もピストルさんを見れるという幸せを噛み締めながら見ようと思います。
楽しんできます!


到着。



19:56にピストルさんの出番終了。
セットリストは↓。(多分あってるはず)

竹原ピストル
01.ドサ回り数え歌
02.LIVE IN 和歌山
03.RAIN
04.みんな〜、やってるか!
05.ぼくは限りない 〜One for the show〜
06.Forever Young
07.Amazing Grace
08.ママさんそう言った 〜Hokkaido days〜
09.よー、そこの若いの
10.ファイト! / 中島みゆき
11.俺たちはまた旅に出た
12.狼煙(曲付)

当日券で入って端っこだけど最前列で観ました。
最初の「ドサ回り数え歌」でピストルさんの声がいつもよりガサガサした印象だった。
「LIVE IN 和歌山」のサビの足踏みの振動を直に感じるのは初めての経験でこれだけでも今日来て良かったなぁと思えた。
対バンなので定番曲で揃えてきたけどいつもより譜面台の位置がいつもより高くてアコギを弾く手が間近で見えたのがよかったなぁ。
瑞巌寺で経験した「みんな〜、やってるか!」のサビの「みんな〜、やってるか!オイ!」と腕を上げるのが仙台では定番になるかもしれない。
ダウンチューニングの「ぼくは限りない」も素敵だったなぁ。
MCで長野あたりで最前列中央のおじさんがずっとチューニング中に話を掛けてきた話と東北ツアーで「カッコいい・いや普通」「最高・そこまでは」と客が言い出して「ネットでやってくれ」という話からの「プロモーションのインタビューで良く「紅白に出て何か変わりましたか?」と聞かれて○○な客が増えましたw」と冗談交じりに言い、ネットに書かないでと言われましたので肝心なところのみ伏せましたw
そこからの「Amazing Grace」。
「ママさんそう言った」辺りから喉が開いてきていつも以上に気迫のこもった「ママさんそう言った」が聴けました。
代表曲「よー、そこの若いの」をそのまま続けて披露してからMCを挟んでからの中島みゆきさんの「ファイト!」はウルっときた。
仙台に来るのが早かったピストルさんは「天気がいいので会場近くの勾当台公園の野外音楽堂のベンチで昼寝してたら幼稚園児が20名くらい来てステージに上がり「アイスのクジが当たったー」と大きな声で言っててある園児はトランスモードに入ってて怖くなって30分早く会場入りしましたw」で今日イチの爆笑を誘ってましたw
「MCネタをくれてありがとう」とも言ってましたw
前野さんのツアーが成功しますようにと「俺たちはまた旅に出た」を歌い、「最後にポエムを1つ読んで終わりにします」と言って歌った「狼煙(曲付き)」は魂がこもってて素敵だったなぁ。


これで私は少し早かったけど会場を後にしました。
この後、アンコールあたりでセッションがあったら少し後悔するかもしれないけどでも、最前列で観れる機会もなかなか無いし見れて良かったなぁ。
Rensaでイスを出して見るのは民生さんのいきあたり股旅以来だったけどピストルさんも素晴らしかったなぁ。
例え喉の調子がベストなコンディションでは無くともその中でベストを尽くすのが素晴らしすぎた。
「LIVE IN 和歌山」と「ママさんそう言った」と「ファイト!」が心に残る夜でした!
完全燃焼しました!

「瑞巌寺 落慶祈念コンサート 竹原ピストル in 瑞巌寺」@宮城県松島・瑞巌寺 本堂内

現在常磐線の電車の中。
今日は日本三景・松島の瑞巌寺にて竹原ピストルさんを観てきます。
松島自体に行くのが多分20年ぶり。
多賀城辺りまでなら何度も行ってるけど松島となるとまだ仙台駅の仙石線ホームが地上にあった頃以来だと思う。
瑞巌寺に行くのは昔、瑞巌寺の入口までは行ったものの時間が遅くて中に入れなかった思い出があるので中に入るのは初めて。
ピストルさんはリアコ以来なので2週間ぶり。
ワンマンは去年の12月の中野サンプラザ以来だと思う。
国宝の中でのコンサート、緊張しますが楽しんできます!


到着。



20:45頃終演。歌った曲を書き出しました。
(曲順はぐちゃぐちゃだと思います)

●リハーサル
全て身に覚えのある痛みだろう?
It's my life!!
どーん!とやってこい、ダイスケ
RAIN
狼煙(曲付)

●本番
オールドルーキー
LIVE IN 和歌山
RAIN
どーん!とやってこい、ダイスケ!
ゴミ箱から、ブルース
みんな〜、やってるか!
Forever Young
よー、そこの若いの
カウント10
月光の仮面
ぼくは限りない 〜One for the show〜
全て身に覚えのある痛みだろう?
It's my life!!
ルート トゥ ルーツ
名も無き花
カモメ
Amazing Grace
ママさんそう言った 〜Hokkaido days〜
狼煙(曲付)
復興の花
ファイト! / 中島みゆき
ドサ回り数え歌

順番関係なしに徒然と書きます。
MCのネタの8割くらいに使われた(注:ピストルさん談)瑞巌寺の執事のアマノさん。
アマノさんから注意事項を言われた後にお坊さんが首に巻いてる袈裟(輪袈裟だっけ?)に「サインをください」と言われて失礼のないように丁寧にサインを書いたピストルさんw
「常識人のつもりですがお寺で(賛美歌の)「Amazing Grace」を歌っていいのか?とアマノさんに聞いたらふたつ返事でいい」と言われたピストルさん。
「みんな〜、やってるか!」のサビの「みんな〜、やってるか!」の後に「オイ!」と掛け声が入ったのが初めてだったらしい。
私も初めて聞いたわ。
東北の三陸の方を梅雨の時期に旅したことを書いた「RAIN」。
後輩の歌うたいのことを書いた「どーん!とやってこい、ダイスケ!」は歌い終えた後に「この中に何人かダイスケっていう人が本当にいるんじゃないかと思うくらいの盛り上がりでしたね」と。
「紅白でも思いましたけどこういう国宝の中でやるのになんでピストルという芸名にしたのか後悔してますw」と話してからの新曲「It's my life!!」は素敵だったなぁ。
「ぼくの好きな都市伝説があって、それは徳川家康が日本統一した後に支えてた忍者・服部半蔵に「何か欲しいものはないか?」と言われて「自由が欲しいです」と言ってそれが松尾芭蕉になったんじゃないかという話。それを以前、観光で訪れた松島のみやげ屋で話したら「松尾芭蕉が歩いた距離が忍者くらい体力がないと無理だからある意味本当かもよ?」と言われて「優しいなぁ」と思った」と話してくれた。


松島の海を見てカモメが一羽二羽飛んでいたのでと言ってから歌った「カモメ」でグッときてしまって泣いてしまった。
ピストルさんのルーツである沖永良部島の話をしてからの「ルート トゥ ルーツ」は初めて生で聴きました。
個人的には「Amazing Grace」からの後半の畳み掛けが素晴らしくて感動したわ。
「復興の花」は震災のことに触れて福島市のある小学校でサッカーのキーパーをしてだ時に曲ができたと話してた。
中島みゆきさんの「ファイト!」は泣けて泣けて仕方なかった。
「また元気でね」の気持ちを込めた歌を何曲か歌ったんですが最後も。と言って歌った「ドサ回り数え歌」は良かったなぁ。
最後10分くらい予定時間をオーバーしてしまったけどアマノさんなら大丈夫かなと思って。とピストルさんw
「やりきった感があるので」と言ってやんわりとアンコールなしという意味を告げて終了となりました。


素敵だったなぁ。
今日は席が後ろの方だったので見づらかったけど国宝・瑞巌寺でピストルさんのライブが観れる機会なんて最初で最後だろうから観れて良かったなぁ。
初めて中島みゆきさんの「ファイト!」のカバーを聴けて感動しました。
Amazing Grace」からの畳み掛けは素晴らしすぎたなぁ。
次はGOOD LUCK TRACKツアー初日のNHKホールです。
完全燃焼しました!

「竹原ピストル×aveツーマンライブvol.11」@福島市・Re-Acoustic

現在福島駅行きのバスの中。
今日は福島市のRe-Acousticにて竹原ピストルさんとaveさんのツーマンライブを観てきます。
運良く予約が取れたので25名限定のライブにまた参加できます。
こうやってバスで福島市に行くのは今回が最後かぁ。
というのも今月いっぱいで相馬ー福島線は廃止することが決定。
なので今後は東北本線の岩沼経由か仙台から新幹線のどちらかに限られてしまう。
常磐線が復旧してから利用客が減ったらしいから仕方ないけどまた中通りが遠くなるなぁ。
ライブの話に戻るとピストルさんは3月のギタージャンボリー以来2ヶ月ぶり。
aveさんは2月のツーマンライブ以来なので3ヶ月ぶり。
どんなライブになるのか予想がつかないけど楽しんできます!


到着。



22:10頃終演。
ピストルさんが歌った曲を書き出しました。
(ピストルさんソロの曲の順番はほとんどめちゃくちゃです。)

竹原ピストル
オールドルーキー
It's my life!!
それじゃただの大人だろ
マスター、ポーグスかけてくれ
藍色のハンカチ
RAIN
ぐるぐる
狼煙(曲付き)
Forever Young
隠岐手紙
俺のアディダス〜人としての志〜
あっという間はあるさ
浅草キッド
全て身に覚えのある痛みだろう?
よー、そこの若いの
ドサ回り数え歌

●ave

●竹原ピストル×ave
1.R-399
2.こんなに離れていても(途中からアカペラで大合唱)

ピストルさんソロはギターのチューニングを何度も気にしてたんだけど今日はギター関連のハプニングが2時間半のライブ中、何度もあった。
何の曲か忘れたけどアコギをチェンジしてたのが珍しいなぁと思って見てた。
aveさんもエレアコの弦を切るのもあまり見ないなぁと思って。
途中でアコギに持ち替えてスピーカーを通さないで披露してたり、その間に弦をthing of gypsy lionのhiroponさんに影で張り直してもらったりとか、この内容をただのハプニングと思うかレアなライブと取るかは観た人次第w
ちなみにギタートラブルはこれだけじゃないんだけどそれはネタ的に最後に話します。


ピストルさんの話に戻します。
新曲は「It's my life!!」と故・大杉漣さんのお別れの会で貰った藍色のハンカチをモチーフに書いた「藍色のハンカチ」と隠岐の島のことを書いた「隠岐手紙」と「狼煙」の曲付きと曲紹介しなかった新曲「あっという間はあるさ」の4曲と盛りだくさん。
「藍色のハンカチ」は名曲だと思ったし、「It's my life!!」は泣きそうになったわ。
隠岐手紙」はフォーク調で、少し違うけど「落陽」あたりを思い出した。
「狼煙」の曲付きは「ちぇっく!」っぽい早口&早弾き楽曲でめちゃくちゃカッコよかったんだけど!
あんなに変わるんだと思ってびっくりしたわ。
新曲以外で聴けて嬉しかったのは「それじゃただの大人だろ」がずっと生で聞きたかったから聴けて嬉しかったなぁ。
配信限定の「よー、そこの若いのe.p.」にのみ収録なのが勿体無いくらい。
「こんな晴れてる日に言うのも何ですが、梅雨の季節が近づいてるので梅雨の時期に東北を旅した時の曲を歌います」ってなに歌うんだろ?と思ったら「RAIN」。
「Forever Young」の前だったと思うけどギターのチューニングをしながら「TVでブルーハーツを見てた少年期に8つ上(年齢の記憶があやふや)の絶対音感持ちの姉が一言"ベースのチューニングが酷いね"と言われて、ぼくはあんなに衝撃受けてたのにその一言wということでチューニングが大切という話です」という笑いネタw
「この後、多分aveが歌うから歌わない方がいいのかな?と思ったけど、まて、俺の曲だ!w」と「全て身に覚えのある痛みだろう?」を歌の語尾を2番からaveさん風にアレンジを加えながら披露w
ちなみにaveさんは1曲目に持ってきましたーw
「よー、そこの若いの」は配信限定のlive ver.に近いギターのアプローチで最近のアレンジに慣れてたからびっくりした。
「ドサ回り数え歌」でピストルさんソロの出番終了。


aveさんはやっぱり歌もギターも上手いなぁと。
あとaveさんのMCでこのライブを取るのに偽名を使ってる人がいると話してたけどその話を聞いてちょっと酷いなぁと思ったな。
本人確認とかしたらこういうことは無くなると思うけど今日のaveさんの話からは今のところ無さそう。
予約開始から1分以内で予約が埋まるレアライブなんだから本人確認しても良さそうなんだけどね。
最後に「福の歌」を歌ったんだけどそれも急遽の選曲。
「そんなに聞きたいのぉ?」とaveさんw
歌詞をオリジナルにしたり歌わせたりなかなか面白かった。


お二人のコラボ「R-399」は1番は調子良くて「今までで一番上手く歌えてるかも」とピストルさんが自画自賛した瞬間、2番の入りをしくじったw
「こんなに離れていても」はどの辺だったか忘れたけど序盤でaveさんのエレアコのギタートラブルというか弦がまた切れたっぽい。
ギター演奏を諦めて壁に掛けたところケーブルが抜けるノイズ音が。
その後、アカペラで歌う二人に客も入り乱れ大合唱に。
これはこれですごいなぁ。
客全員が歌えるという時点で凄いしこれはいい思い出になったなぁ。
ステップを踏んで手を叩きながら歌うことを「こんなの、福耳以来w」というピストルさんw
去り際に「変な集会ですよw」とピストルさんが話して「レアだレアだ」とaveさんw


帰り際に色紙にサインをもらって「いつもありがとうございます。また来てね!」と言ってくれるピストルさんの優しさが素敵で。
心があったかくなってホテルでこれを書いてます。
確かにハプニングがいっぱいあってレアなライブだけど、あの「こんなに離れていても」の大合唱は忘れられないと思う。
それくらい衝撃的だった。
この規模じゃなきゃ体験できないともね。
また時間作ってリアコのピストルさんとaveさんのツーマンライブに行けますように。
予約が取れるかどうかもわからないけどね。
素敵なライブでした!


写真撮影OKなところの写真を少しだけUPしときます。






あとライブ終了後に貰ったピストルさんのサイン色紙。

Do As Infinity@東京国際フォーラムホールC

現在東京行きの高速バスの中。
今日は東京国際フォーラムホールCにてDo As Infinityを観てきます。
DoAsは去年の9月末の周年ライブ以来なので8ヶ月ぶり。
本日のみのゲストとしてアルバム「ALIVE」のサウンドプロデューサーである澤野弘之さんがゲスト出演。
どんなライブでどんなセットリストになるのか予想つかないけど楽しんできます!


到着。



20:35頃終演。セットリストは↓。
(曲・順番は多分合っていると思いますが間違ってたらすみません)

01.〜prologue〜
02.Alive
03.GET OVER IT
04.Perfect World
05.To Know You
06.深い森
07.Iron Hornet
08.アリアドネの糸
09.陽のあたる坂道
10.Silver Moon
11.Lovely Day
12.火の鳥 (with 澤野弘之)
13.唯一の真実 (with 澤野弘之)
14.科学の夜
15.Gates Of Heaven
16.under the sun
17.化身の獣
18.JIDAISHIN
19.本日ハ晴天ナリ
20.遠くまで

Encore
21.ワンダフルライフ
22.For the future

●サポートメンバー
Drums:松本淳
Bass:道太郎
Keyboard:山本健太
●ゲスト
Piano:澤野弘之(12・13のみ)

楽しかったけど長尾楽曲がど定番なのは初めて来た人、久しぶりの人に配慮した形かな?
でもね、ど定番でもオリジナルアレンジが久しぶりの「under the sun」や何年か前のカウントダウンライブ以来の「Perfect World」と結構歌ってるけど大好きな「ワンダフルライフ」が個人的には久しぶりに聴けて嬉しかったかな。
何枚もの縦長い長方形の白い布を前後左右に配置して映像を映す演出も凝ってたけどあれは正面から見れないと映像が見づらくて私の席からでは少し残念に感じた。
伴ちゃんがアコギを弾いてたのは「To Know You」「遠くまで」「ワンダフルライフ」の3曲。
澤野さんの楽曲は「化身の獣」以外、客側がどうノッテいいのかわからなくて戸惑ってる状態だった。
かっこよすぎて大音量でこの楽曲たちを生バンドで聴けたのが私は最高だったけどね。
澤野さんは「火の鳥」と「唯一の真実」をグランドピアノでしっとりと情熱的に弾いてくれて素敵だったなぁ。
火の鳥」は泣きそうになったなぁ。
そこからの「科学の夜」は反則!
打ち込みのアレンジが変わったのとキーが下がってたのを差し置いても素敵だった。
キーが下がるのはもう仕方ないことと諦めてるけど気づくと少しだけがっかりするんだよね。
伴ちゃんの熱唱と亮さんのギターが素晴らしかったから聴けて嬉しかったのは嬉しかったけどね。
後半戦はてっきり「晴天」で終わりだと思ったら「遠くまで」で締めるという荒業w
定番を少しずつ変えようとしてるんだなぁと。
あと書き忘れてたけど亮さん作曲の「Lovely Day」をまさかやるとは思わなかったなぁ。
可愛くて大好きな曲だから聴けて嬉しかったなぁ。
化身の獣」CD Onlyのボーナストラックで配信してませんので気に入った方は是非CDをお買いくださいw
アンコールはツアーのことを書いた曲「ワンダフルライフ」と「For the future」で燃え尽きた。


このセットリストは変わるんだろうか?
横浜を見る予定なんだがどんな感じに成長するのかが楽しみ。
特に澤野さんの楽曲はね。
完全燃焼しましたー!