shun21 diary

ライブレポートや観劇の感想中心。基本ネタバレします。

ミュージカル「レ・ミゼラブル」@帝国劇場

現在移動中。
今日は帝国劇場にてレ・ミゼラブルを観てきます。
本日マチネのプリンシパルキャストは↓。

ジャン・バルジャン福井晶一
ジャベール:吉原光夫
ファンテーヌ:知念里奈
エポニーヌ:唯月ふうか
マリウス:海宝直人
コゼット:清水彩花
テナルディエ:橋本じゅん
マダムテナルディエ:鈴木ほのか
アンジョルラス:上原理生

今季初なのはふうかエポニーヌと福井バルジャン。
福井さんはジャベールでは観てるんだけどバルジャンは初。
あとマダムテナが谷口さんが休演になったためほのかさんに変更。
お目当てはいつも通り吉原光夫さんのジャベールと知念里奈さんのファンティーヌ。
楽しんできます。


到着。キャスト表。



観てきました。
まずはお目当てから。
光夫さんジャベールは何度見てもカッコいいなぁと見惚れてしまうw
背が高くて制服も似合って歌声も演技もいい。
私にとっては最高なジャベール。
光夫さんのジャベールを観てからジャベールという役が好きになったくらい自分の中のジャベール像が変わったんでね。
今日見納めてきてジャベールもバルジャンもどっちも好きという結論になったw
光夫さんのジャベールはワイルドなイメージ。
手枷の鎖を思いっきり床に投げつけたり、テナルディエを蹴ったりね。
バルジャンに負けるのが本当に不思議なくらい強そうなのも。
バリケードからのジャベール解放のシーンを今日は間近で観れたんだけど迫力が全然違う印象。
自殺までの流れがちゃんと分かるジャベールかな。
素敵だったなぁ。
今期は見納めだけどまたレミゼの舞台上で観れますように。


知念さんのファンティーヌ、今期は柔らかめに声を出してるのが演技にも変化が生まれた印象。
「夢やぶれて」も序盤に柔らかく歌って後半に感情が溢れるところがすごく素敵で。
飾りや髪を売ってから娼婦に堕ちるのは痛々しく感じてしまう部分もあるけど、バルジャンに助けられて病室でコゼットを想いながら息を引き取るのはいつも考えさせられる。
エピローグでバルジャンを天へ迎えに来る優しい歌声は本当に素敵で涙腺が緩みそうになった。
知念さんに関してはコゼットからエポニーヌ、で今のファンティーヌまで何回も見てるけど彼女の持ち味はファンティーヌが一番あってると思う。
ちゃんと今期の見納めをできてよかったと思う。
いつレミゼの舞台から離れるかわからないけどまたレミゼの舞台上で観れますように。


今期初キャスト。
福井さんのバルジャンは誠実そうな声なので市長になった以降がとても合ってて素敵だったなぁ。
ふうかさんのエポニーヌは誰かの声に似てるなぁと考えて「オンマイオウン」で平野綾さんの歌声に少し近いように感じた。
演技も歌も両方良かったので満足しました。
他のキャストも素敵だった。


今期見納めですがストレスをあまり感じないキャストだったのですごく満足して帰る途中です。
早いかもしれませんが次はいつあるのかわかりませんが光夫さんと知念さんがまたレミゼの舞台上で観れますように。
光夫さんは今のところ「FUN HOME」まで予定が出てないけどまたニコ生の公開放送とかやってくれるような気がしてるので楽しみに待ちます。
知念さんは多分次に見るのは横浜アリーナの歌手としての姿だと思う。
ワンマンと次の舞台が気になるけど待ちます。
完全燃焼しました。

華原朋美@ Billboard Live TOKYO 1st stage

現在東京行きの高速バスの中。
今日は六本木のビルボードライブ東京にて華原朋美さんのライブを観てきます。
今年は1stステージのみなんだけど朋ちゃんのリハーサルの動画ツイートが2つ上がってて歌ってたのが「たったひとつの約束」と「regrets」だったので凄く楽しみになった。
去年みたいにならないことを祈りつつ、いいセットリストでありますようにとも祈りつつ楽しんできます!


到着。



セットリストは↓。

01.regrets
02.winding road
03.愛のうた
04.LOVE IS ALL MUSIC
05.たったひとつの約束
06.君がそばで
07.summer visit
08.save your dream
09.I BELIEVE
10.I'm proud

楽器編成はバイオリン2本、ビオラ、チェロ、グランドピアノとビルボードの大人な雰囲気に合った編成。
3曲ごとに長〜いMCが入り「アイプラ」は本来はアンコール用の曲だったんですが朋ちゃんがアンコール嫌いらしく続けて披露してました。
最初の3曲+5曲目はレア曲かな。
10年以上ぶりの披露がある中「winding road」に関してはライブ初披露。
素敵だったなぁ。
「たったひとつの約束」に関しては素敵すぎて涙腺が緩んだよ。
「summer visit」のイントロをライブで聴くとグッとくるのはなんでだろう?といつも思ってしまう。
前もそうだったから曲の持つ力と私が歳を取ったせいなんだろうなぁと思う。


MCは将棋やTVのゲスト出演した時の話や馬術の話しが多かったかな。
ノープランのフリートークだったので予定時間をオーバーしちゃってマネージャーさんに怒られてましたw
ここ最近音楽をやってないイメージだったけど去年話はあったらしく馬術と天秤にかけて今は馬術を頑張りたいということで延期状態だそう。
馬術バラエティも音楽も大切で両立していきたいと話しておりました。


席も近くて観やすかったなぁ。
今度は国際フォーラムホールCのツアーになりそう。
楽しみにしてます。

ミュージカル「レ・ミゼラブル」@帝国劇場

ミュージカル「レ・ミゼラブル」@帝国劇場
現在東京行きの高速バスの中。
今日は帝国劇場にてミュージカル「レ・ミゼラブル」ソワレ公演を観てきます。
本日のソワレ公演のプリンシパルキャストは↓。

ジャン・バルジャン:吉原光夫
ジャベール:岸祐二
ファンテーヌ:知念里奈
エポニーヌ:昆夏美
マリウス:内藤大希
コゼット:生田絵梨花
テナルディエ:駒田一
マダムテナルディエ:谷口ゆうな
アンジョルラス:相葉裕樹

今期初は昆エポニーヌ、内藤マリウス、駒田テナルディエ、谷口マダムの4人。
内藤くんは舞台では初めて観ます。
お目当てはいつもと変わらず吉原光夫さんのバルジャンと知念里奈さんのファンティーヌ。
今日で光夫さんのバルジャンは見納めなのでちゃんと見納めてきます。
楽しんできます!


到着。

キャスト表。

銀の燭台。


観てきました。
素敵だったー。
光夫さんのバルジャンは独白までは暴力的だけど司教様に魂を買われて、ファンティーヌを救ったあたりからはジェントルマンだなと。
優しくて強くて力持ちでかっこいい、光夫さんのバルジャンに関してはそんな印象。
プロローグがカッコいいのはもちろんなんだけどジャベールとの対決がいちいちかっこいい。
「彼を帰して」は祈りというよりは神に訴えかける感じに感じた。


知念さんのファンティーヌに関しては前回とほとんど同じ印象。
ファンテは出番が少ないから仕方ないのかな。
2年前と比べると全体的に柔らかくなったよね。
歌い方も演技も。


岸さんのジャベールはカッコいい。
光夫さんのジャベールとは別の渋いかっこよさ。
自分の正義を力で押し通すというイメージ。
自殺は旧演出の岡さんと同じオクターブ上げだった。


駒田&谷口テナルディエ夫妻は流石という印象。
生田コゼットはプレビューよりもより良くなった印象。
内藤マリウスは歌もなかなか上手いし演技も良い印象。
昆エポニーヌはやっぱり笹本玲奈さんに声が似てるのが気になっちゃうんだよな。
でも「On My Own」も「恵みの雨」も完璧だから最高だった。
相葉アンジョは前回と同じ印象。
プレビューよりは良いけどまだ歌が弱い。
ただリーダーに見えるところがいい。


次は7/6で光夫ジャベールでマイ楽。
最高でした。

星野源@セキスイハイムスーパーアリーナ 1日目

現在常磐線の電車の中。
今日は利府のセキスイハイムスーパーアリーナにて星野源さんを観てきます。
星野源さんは去年の2月以来。
去年の仙台サンプラザホールのライブで「次はアリーナでもライブをやりたい!」と言って有言実行してしまう星野源さん。
楽しんできます!


セットリストは↓。

01.Firecracker
02.化物
03.桜の森
04.Night Troop
05.雨音
06.くだらないの中に
07.フィルム
08.夢の外へ
09.穴を掘る
10.透明少女
11.くせのうた
12.Mad Pierrot
13.時よ
14.ギャグ
15.SUN
16.恋
17.Week End
18.Continues

Encore
19.君は薔薇より美しい
20.Drinking Dance

Encore2
21.Friend Ship

正直な感想を書くけれど周りの客に気がとられてライブが楽しめなかった。
黄色い声とやらが苦手でして、更に子供も苦手で。
そのWパンチで純粋にライブを楽しめたかというとね。
YMOのインストカバー2曲や「Night Troop」と「雨音」のライブアレンジが素敵だったとか。
「フィルム」や「ギャグ」とか久しぶりに生で聴けた曲も嬉しかったとか。
細かく書けば良かったところはあるんだけど、でも楽しめなかったな。
周りの歓声を聞くと自分のテンションが冷めていく一方で。
これは今の客層が私に合わないんだなと思ったのと、私が源さんを聴き込んだ頃の大好きなアルバム曲やc/w曲は今後ほぼ歌わないんだろうなと思ったので、源さんのことはCDやDVDを買うこととメディアチェックを続けてライブに行くのは少し休んだ方がいいのかなと思った。
実は明日のチケットもあるんけどとても利府まで労力をかけて行く気分にはなれないのが正直なところ。
本人確認さえ無ければ誰かに譲るかあげれたのになぁ。
チケット代がもったいないけど仕方ない。
不完全燃焼でした。

ミュージカル「レ・ミゼラブル」30周年スペシャルウィーク@帝国劇場

現在福島駅行きのバスの中。
今日は帝国劇場にてミュージカル「レ・ミゼラブル」の日本初演30周年スペシャルウィーク公演を観てきます。
何をやるかというと通常公演を3時間+過去の出演キャストを呼び約50分の特別カーテンコールだそうです。
特別カーテンコールの出演者は当日発表という親切ではない感じがなんとも東宝らしいなぁと。
本日マチネの出演者は↓。

ジャン・バルジャン:吉原光夫
ジャベール:川口竜也
ファンテーヌ:知念里奈
エポニーヌ:松原凜子
マリウス:海宝直人
コゼット:清水彩花
テナルディエ:橋本じゅん
マダムテナルディエ:鈴木ほのか
アンジョルラス:上原理生

橋本じゅんさんを初めて生で拝見します。
今期初なのは川口ジャベールと上原アンジョルラス。
お目当ては光夫さんのバルジャンと知念さんのファンティーヌ。
20周年の時の知念さんはエポニーヌデビューで私、知念さんの初日を見てるんだよなぁ。
もう10年経ったのかという感覚ですがね。
楽しんできます!


到着。




観てきました。
光夫バルジャンは「独白」までが素晴らしくて前回見たのがプレビューだったからパワーアップし過ぎw
2幕は「彼を帰して」素敵だった。
エピローグ、光夫バルジャン・知念ファンティーヌ・清水コゼット・海宝マリウスの4人が特に良かった。
清水コゼットと海宝マリウスが鉄板になりつつあって。
歌の相性も演技の相性もよくて凄すぎた。
知念ファンティーヌは「工場」〜「夢やぶれて」まで柔らかめに歌ってるのが印象的でした。
「病室」のシーンもいつもグッときてしまう。
川口ジャベールは1幕は淡々と歌ってる印象だったんだけど、2幕のバルジャンがジャベールを解放するシーンあたりからヒートアップして、自殺までバルジャンに逃れたくてセーヌ川に飛び込むんだなという流れがすごく自然に見えたのが印象的だった。
理生アンジョルラスは久しぶりに観たらやっぱりアンジョルラスはこうじゃなくちゃと思えるようなアンジョルラスで素敵だった。
松原エポニーヌは前回見た時は全体的に演技が合わなすぎて、今日はどんな感じになるのかあんまり期待してなかったんだけど、今日はプレビューで見た時の感想である少し違和感のあるもののこれはこれで良いかもと思えたけど、あの「オンマイオウン」は個人的にはNGだったな。
ただ「恵みの雨」は本人比で良くなってた印象。
じゅんさんのテナルディエはなかなか良かった。
ほのかさんのマダムテナルディエはプレビューの見た時よりは良いかなとは思ったけど私のマダムテナルディエのイメージとは違うので合わないなぁと。
誤解してもらいたくないからちゃんというけど、私は痩せてるマダムテナルディエもありだとは思ってるんだけどほのかさんの場合は力が入りすぎててね。


本編終演後15分休憩を挟んでからスペシャルウィークのカーテンコールへ。
内容は↓。

・「ワンデイモア」今日の全出演者
・今日集まった旧キャストの紹介&プリンシパルキャストの思い出話
・「オンマイオウン」坂本真綾ANZA・ジェニファー・綿引さやか
・VTR
・「カフェソング」ロブハウチェン
・「民衆の歌」今日の全出演者

オケが旧演出よりにゆっくりになってた。
プリンシパルキャストは役ごとにスタンドマイクがあるんだけど今日のファンテ旧キャストが誰もいなかったから知念さん一人だけでファンテキャスト用のマイクを使ってた。
「ワンデイモア」の歌い出しは今井バルジャンのソロ。
あとで光夫バルジャンも入ってきた。
旧演出は今井バルジャンが大好きで新演出は光夫バルジャンが大好きなので夢見てるようでした。


「ワンデイモア」が終わると現キャストははけてモリクミさんが出てきて旧キャストの思い出話。
覚えてる話が少ししかないけど書いてみます。
今井清隆さん「初演のジョンケアードさんからこのミュージカルはスターを作るミュージカルと言われてスターになった人が数多くいる。(モリクミさんから「新演出もオーディション受けてみたら?)何が良いだろう?(モリクミさん「司教」)映画でコルムウィルキンソンがやりましたもんね。」
岡幸二郎さん「94年から参加でイベントがいっぱいあった。2000回・2500回・20周年など。2000年のミレニアム年越し公演は男女入れ替えでやった。私がマダムテナルディエ(?)をやり山口祐一郎さんはリトルエポニーヌ、モリクミさんはリトルコゼット。2011年の震災の時は公演をやるべきかやるべきじゃないのかを話し合って、でもやって良かったと思う」
ジェニファーさん「2011年の時に参加で地震が人生で初めてだった。怖くて岡ちゃんにつかまってたと思う。またやれるならやりたい」
坂本真綾さん「良い思い出がなくて…。新演出でエポニーヌの帽子が赤に変わったんですね。それで思い出したのが私がエポニーヌの時に被ってた帽子が島田歌穂さんのものだったんです。それが思い出です」
ANZAさん「今日出演じゃない某マリウス役者さんが汗だくで"恵みの雨"をやってる最中、汗がポタポタと落ちてきたのが思い出ですw」
阿知波悟美さん「私、2年目の時にアンサンブルもやってるんです。それが書いてなかったなぁと思って言いました」
鳳蘭「宝塚やめてすぐにマダムテナルディエをやったんですり宝塚の時はいっぱいファンレターをもらったんですが、この役をやってから怖い人だと思われて少なくなりました」
岡田浩暉さん「レミゼが初ミュージカル出演で。楽屋の鏡の前に今日のコゼットの写真を貼ってたんですけどある日、モリクミさんのコゼットに変わってたwでもそのおかげで緊張が和らいだ」
思い出す限り書いてみましたがまだ足りないな。
思い出したら追記します。


エポニーヌ4人で「オンマイオウン」をリレーで歌う。
真綾さん→ANZAさん→ジェニファーさん→綿引さん→真綾さん→ANZAさん→ジェニファーさん→4人でハモるであってると思う。
旧演出のオケでイントロのオーボエが懐かしくて。
良いところは真綾さんが持っていった感がありましたが久しぶりにANZAエポの声が聞けただけで満足です。


VTRでお祝いコメントを流してロンドンキャストのマリウスさんの「カフェソング」を披露して現キャストも登場して今日の全キャストで「民衆の歌」を歌って終了。


私は2005年からしか観れてないけど今日のSPカーテンコールは見れてよかったな。
私が好きになった頃のキャストが多かったのも嬉しかった。
まさか11年ぶりにANZAさんをレミゼのステージで観れるとは思わなかった。
完全燃焼しました。

笑いイチ@多賀城市民会館・大ホール

現在常磐線の電車の中。
今日は多賀城の市民会館にてサンドウィッチマン出演の笑いイチというお笑いライブを見てきます。
出演者は↓。

サンドウィッチマンU字工事じゅんいちダビッドソンロケット団
・三四郎
・カミナリ

サンドを見るのは去年の単独ライブ千穐楽以来。
楽しんできます!


到着。



観てきました。
出演順は1部・2部共通でカミナリU字工事ロケット団→三四郎→じゅんいちダビッドソンサンドウィッチマン
サンドのネタは↓

漫才「弔辞」
ショートコント(1部は「CD屋さん」のみ。2部は「ラーメン」「ハイジャック」を追加)
漫才「犬の散歩」

手紙ネタでは「弔辞」が一番好きなので嬉しかったなぁ。
漫才途中でカロリー0ネタをぶっ込んできたw
去年の単独ライブから「犬の散歩」を披露したのも嬉しかったな。
フリートークはグアムから直行・安倍首相のモノマネ(2部のみ石破氏のモノマネ追加)・多賀城高校にラグビーの試合で先生に止められたのにもかかわらず部員全員バイクで行ったこと・自身の身体について・やまなか家のCMを多賀城の店舗でやってることくらいだったかな?
1部のショートコントが1本だけだったのはサンドファンの小島さんを舞台に上げたからw
2部の小島さんは全出演者登場のエンディングトークで少し触れたくらい。


他の出演者は全員面白かったけどカミナリU字工事の北関東繋がりが特に面白かったし時事ネタのロケット団も面白かった。
カミナリのみ撮影タイムがあったんだけど2部はうまく撮れた。
あとカミナリは漫才のネタを2本とも変更してきた。
他はあまり変更らしい変更はなかったかと。
2部のエンディングトークで伊達さんの提案で謎かけを急遽全組やることに。


あー面白かった。
サンドは面白いのは間違いないんだけど他の芸人さんも面白かったなぁー。
これで商売してるんだから当たり前なんだけどね。
次にサンドを観れるのは9月の単独かな?
TBC夏まつりは今のところスルーの予定。
楽しみにしてます!

竹原ピストル@仙台CLUB JUNK BOX

現在常磐線の電車の中。
今日は仙台のJUNK BOXにて竹原ピストルさんのライブを見てきます。
ピストルさんは生で初めて見ます。
楽しんできます!


到着。




21時前に終演。
歌ったのを思い出せる限り書いてみます。

ドサ回り数え歌
LIVE IN 和歌山
虹は待つな 橋をかけろ
みんな〜、やってるか!
ねぇねぇ、くみちゃんチェケラッチョ
マスター、ポーグスかけてくれ
ため息さかさにくわえて風来坊
わたしのしごと
一枝拝借 どこに生けるわけもなく
RAIN
よー、そこの若いの
Forever Young
カウント10
カモメ
ちぇっく!
キャリーカートブルース
ママさんそう言った-Hokkaido days-
Amazing Grace
500マイル/忌野清志郎
落陽/吉田拓郎
ただ己が影を真似て
例えばヒロ、お前がそうだったように
一等賞
ふうせんガム
最期の一手〜聖の青春〜
俺たちはまた旅に出た
全て身に覚えのある痛みだろう
ぐるぐる
オールドルーキー
朗読「」

順番めちゃくちゃ、やった曲は多分これで全部。
順番は最初の数曲とラストの「オールドルーキー」しか覚えられなかった。
わからなかった曲は検索して調べたから多分これであってる。
抜けてる曲があったらごめんなさいり
朗読含め30曲、アンコール無しでやり切ったよ。
でも、意外と短い曲が多いから2時間で終わった。
アンコールの手拍子は続いてたけどスタッフに終わりだと告げられた。
凄かったよ。
ふとした瞬間に涙腺が緩んだのが何回かあったかな。
久しぶりに演ると言って歌った「ふうせんガム」でなんとも言えない気持ちになって泣いた。
ここまで魂に訴えてくるのはいろんな人のライブを見てるけど多分初めての感覚だった。
JUNK BOX満員御礼でスタンディングですし詰め状態だったけどこの距離で観れたのが良かったなぁと。
12月の中野サンプラザホールもチケット取れたけどライブハウスとホールだと全然違うもんね。


覚えてることを徒然と書いてみます。
お客さんのノリが良くて結構合唱してたけどMCとかでは静かなのが仙台らしくて良いなと思った。
「よー、そこの若いの」はピストルさんがカウント入れたらいい合唱になって良い雰囲気だなぁとも思った。
「信じてもらえないかもしれないけど冷房が少し寒いから弱めて」w
「体調が悪い時は遠慮なく外に行ってくれて大丈夫ですよ。その時聴けなかった曲は言ってくれればアンコールで歌いますから」と言ってたけど外に出た人がいなかったからかわからないけどアンコール無しだった。
「「ママさんそう言った」「カウント10」「ちぇっく!」で噛まなかったのって珍しいですよ。ここ最近かみっぱなしで」と話してたけど初参加だからわからん。
「あっ!」って指さしてその隙に後ろを向いてTシャツを着替えるピストル氏w
前向いて着替えない理由はちゃんと話したけど秘密にしてと言われたので書かない。
もう一つ秘密にしてと言われたのもあるけどこちらも書かない。
「この(指さした)演技で日本アカデミー賞助演男優賞を取りました」とライブ中2回ほど自慢したピストル氏w
「全て身に覚えのある痛みだろう」でワザとマイクが壊れたと言いサビを客に歌わせてその後でちゃんと歌うお茶目なピストル氏w
「多分今日のお客さんは歌ってくれると思ってましたよ」と言ってたけど「また嘘ついた」と近くのお客さんがぼやいてたw


「ヒュー」とかそういう声援が気に入ってくれたけどあんまりこういうことってないのかな?
ピストルさんのライブが初めてだったから多分だけど今までと違うんだろうなと。
少しピストルさん、浮かれ気味だったような気もする。
「よー、そこの若いの」でのカウントも初めてカウントを入れたって言ってたし他の曲でも歌わせてたし。
そういうライブを楽しんでるように見えた。
ロックだったりヒップホップだったりフォークだったり、歌う曲のジャンルがバラバラだったけどアコースティックギターと歌だけで竹原ピストルの世界になる。
やっぱりすごいなぁと。
楽しかったし感動したなぁ。
大好きな「カウント10」も聴けたしもっと聴きたい曲もあったけどすごく満足したなぁというのが今日の感想。
まぁ30曲近く歌ったんだから満足しない方がおかしいんだけどね。
完全燃焼しました。
次は12月の中野サンプラザホールで見ます!
楽しみにしてます!