読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

shun21 diary

ライブレポートや観劇の感想中心。基本ネタバレします。

吉原光夫の演劇黙示録 公開放送@ CBGKシブゲキ!!

stage mitsuo

現在東京行きの高速バスの中。
今日は渋谷のCBGKシブゲキ!!にて吉原光夫さんの演劇黙示録公開放送を観てきます。
出演者は↓(敬称略)。

吉原光夫
西川大貴
海宝直人
内藤大希

このメンバーなら絶対面白くなることは確定なので楽しんできたいと思います。
楽しんできます!


到着。




観てきました。
あんまり覚えてないけど覚えてる限り書きます。
劇場でやったためシンポジウムみたいなニコ生公開放送。
内藤くんから花束を持って光夫さんの結婚祝いが出来て良かった!
内藤くんはレミゼの新演出は機会がなくて観れてなかったらしい。
旧演出は何度も見てたらしくセットが出来て抽象的だったのがリアルになった感覚。
旧演出では光夫さんはあまり出れなかったから自分で劇場に観に行ってた。
スペシャルキャストの方々は見た目は歳をとってるけど音がなるとすぐ切り替わる。


新演出は新しいステージに上がると思う。
というのもバルジャンとジャベール以外は新しいキャストが入って、新しいキャストが入ってないバルジャンとジャベールのキャストもピリッとしたいい緊張感。


日本語通り歌おうとしても「っ」とかで音符が飛ばしたら契約違反。


アフタートークはまずステージの床に直に座る4人w
事前にツイッターで質問を募集したものに答える形。
といっても最初の質問で30分くらい話して残りの15分で他の話を。
覚えてることだけ書きます。


役者と歌手とでは乗り越える壁が歌手の方が漠然としてるんだと思う。役者は出る作品でステージアップとかできるだろうけど、歌手は自分と向き合うわけだから難しい。
歌手としての成功は大きなところでライブをやることだったりTVで歌ったりすることなのか?
大きなところでやるのは小さなライブハウスとかでやる方が歌いやすいだろうし大きなところだとイヤモニをつけてるからイヤモニは周りの音が聞こえないから小さな空間と一緒。
小さなホールだけで歌う人もいる。
(私が頭に浮かんだのは山下達郎さんかな)
西川くん「こないだかららんのドラマーの人と話したんですけど、TVはMステとかだと当てぶりでカラオケ音源で歌うからそれはどうなのか?というのもある」


光夫さんがライブをやらないのは役じゃない自分がステージで歌うのが出来ないから。


後半15分は会場のお客さんから質問を募ったが誰も手を挙げず。
光夫さんからの質問に。
光夫さんからの質問
内藤くんに対して「10年先、結婚とか考えたことありますか?」
内藤くん「全然ない」
光夫さん「レミゼの稽古場でも子役がいるけどそれを観ても可愛いなとか思わない?」
内藤くん「可愛いなぁとは思うけど自分の子供というのが想像つかない。子供と遊ぶのは楽しいけど楽しいところだけで苦しいところはやりたくない」


海宝くんに対して光夫さん「音楽が好きな海宝はミュージカルオタクなのは知ってるけど、自分の曲とか作ってみたいとは思わない?」
海宝くん「作ってみたい!でも皆さんに出せるようなものが作れるかというのは恥ずかしいのもあるしわからない」


西川くんへの光夫さんからの質問。
「今、商業舞台から遠ざかっている西川くんですが将来、商業の舞台に戻りたいと思いますか?」
西川くん「戻りたいと思ってます。去年のサイゴンと今年のレミゼと離れましたがこの選択は間違ってないと思ってます」


覚えてるのはこんなところ。
まだまだ話したことあったんだけど思い出せないorz
とりあえず思い出したら追記します。
楽しかったー。
公開放送・通常放送どちらでもいいけど1ヶ月に1度はやってほしいな。

東京女子流@仙台Space Zero

live TGS

現在常磐線の電車の中。
今日は仙台のSpace Zeroというライブハウスで東京女子流を観てきます。
女子流はTBC夏まつりで観て以来かな?
初めてのライブハウスなので迷わないで行けますように。
楽しんできます!


到着。



ネタバレ禁止令が出てるようなので追加公演が終わった頃にセットリストを上げます。
とりあえず1部・2部共にアンコールを含めて14曲でした。
1部はここ最近の曲が中心。
2部は松井寛さんワークスが多めでした。
1部・2部共に思わず泣きそうになった懐かしい曲がありました。
ネタバレになるのでその曲名は書けないのですが素晴らしかった。
4人の女子流に少し戸惑いがあったもののこの形もありなんだと思えたライブでした。
2部のアンコール前のMCで新井ひとみさんの高校卒業を祝ったアスタライト(ファン)からの花束とケーキが贈られるサプライズもありました。
また仙台に来て欲しいな。
TBC夏まつりとかね。
楽しかったです。
完全燃焼しました!


※03/27:セットリストの禁止令が解除したらしいので載せます。
まず1部のセットリスト↓。

●1部
01.リフレクション
02.YOU&I FOREVER
03.READY GO!
04.純白の約束
05.White Snow
06.Dear Friend
07.深海 -Hi-ra Mix-
08.君へ -Royal Mirrorball Mix-
09.predawn -Extended Mix-
10.ミルフィーユ
11.おんなじキモチ
12.ちいさな奇跡
13.Don't give it up

Encore
14.キラリ☆
※2・4・5はオリジナルかリミックスか覚えてない

「おんなじキモチ」で泣きそうになった。
まさか解禁してくると予想してなくてさ。
MCは本編終了時とアンコール前と後。


2部のセットリストは↓。

●2部
01.Don't give it up
02.ディスコード
03.ミルフィーユ
04.Partition Love
05.Killing Me Softly
06.キラリ☆ -Royal Mirrorball Mix-
07.predawn -Extended Mix-
08.深海 -Hi-ra Mix-
09.大切な言葉
10.existence
11.ヒマワリと星屑
12.Rock you!
13.Attack Hyper Beat POP

Encore
14.ゆうやけハナビ
※「大切な言葉」と「existence」の曲順が逆の可能性あり

2部は「ヒマワリと星屑」でグッときてしまった。
松井寛ワークスのアップテンポ楽曲はやはり盛り上がるなぁと。
今回は「深海」と「predawn」と松井寛ワークスが目当てだったので個人的には1部よりは2部が楽しかったかな。
でも1部の5thアルバム曲もだんだんと受け入れられるような状態まではきたかな。
どちらも楽しかったなー。


ただ会場のキャパが狭すぎたような気がする。
キャパ150人で仙台だけ即完だったからね。
Rensaとまでは言わないけどもう一回り大きなライブハウスでもよかったんじゃないかな?というのは思ったかな。
例えば仙台Hookとかだと狭い割りに段差が2段階あってキャパ250人で見やすい会場かなと。


また仙台に来た時は見に行きたい。
そう思えるライブだったと思う。
また仙台に来てくださーい。

Do As Infinity/MOON CHILD@ TSUTAYA O-EAST

live Do As

現在東京行きの高速バスの中です。
今日はO-EASTにてDo As InfinityMOON CHILDの2マンライブを観てきます。
DoAsは観れる時に観てますがMOON CHILDは初めて。
ドラマFiVEの主題歌「Escape」しか知らないんですが楽しんできたいと思います。
セッションもあるらしいので楽しみです。
楽しんできます!


到着。



DoAsのセットリストは↓。

Do As Infinity
01.本日ハ晴天ナリ
02.冒険者たち
03.EDGE
04.陽のあたる坂道
05.深い森
06.遠くまで
07.アリアドネの糸
08.Special
09.君がいない未来

ドラム:松本淳 ベース:山田"Anthony"サトシ コーラス:浜野和子

●MOON CHILD

Encore1
1.ポータブルロック (with Do As Infinity)
2.

Encore2

DoAsはトップバッターで登場。
サポートメンバーはドラムとベースとコーラスといういたってシンプルな構成。
コーラスのKAZCOさんはMOON CHILDのライブを観たくて関係者扱いで客で見る予定が急遽DoAsコーラスとして入ることになったとのこと。
だからコーラスワークが少人数でもすごく良かった。
セットリストは新旧織り交ぜながらやった感じかな。
「EDGE」とかノーマークだったもん。
他はラスト2曲だった「Special」と「君がいない未来」が楽しかった!
2マンだったからいつもの対バンより曲数が多いしね。
エレキで弾く「深い森」とか新鮮だったわ。


MOON CHILDは全然知らなかったんだけど聞き覚えのある曲や今聴いてもかっこいいと思える曲が何曲もあって素敵だったな。
「Escape」は本編の最後から2曲目だった。
アンコールでDoAsと共演したんだけどそれもなかなか良かったなぁ。
アンコールは2曲の予定がWアンコールになりリハで「やるのやめよっか」と言った曲を急遽やるとw


楽しかったけどオールスタンディングはさすがに疲れる。
体力つけないとダメだなぁ。
DoAsは次の予定が全く告知してなかったのでわかりませんが楽しみに待ってます。

つながる心 つながる力 みんなでつくる復興コンサート@東北大学百周年記念会館 川内萩ホール

live

現在常磐線の中です。
今日は仙台の川内萩ホールにて新妻聖子さんが出演する「みんなでつくる復興コンサート」を観てきます。
というのもTBC東北放送のメルマガ会員限定の無料招待券が当たりまして、行くことにしました。
新妻さんを観るのは多分クリエでやったキャッチミーイフユーキャン以来。
楽しんできます!


到着。



新妻さんが歌ったのは↓。

ラ・マンチャの男
この祈り~The Prayer~
ネッスン・ドルマ誰も寝てはならぬ)
わせねでや

威風堂々

ラマンチャを生で聴くのは多分シアタークリエでのドラロマV以来。
ラマンチャはやっぱりカッコイイ。
「新妻という姓は仙台発祥で。遠い親戚が今日の会場の東北大学の大学教授で」と話しておりました。
「この祈り」はソプラノボイスが綺麗で本当に素敵だった。
「ネッスンドルマ」は前にTVで聴いた時の何倍も素敵だった。
「わせねでや」は多分東北放送を見てる人しか知らないと思われる曲。
方言で「忘れないでね」という意味。
「わせねでや」という響きが柔らかくていいと新妻さん。
素敵だったなぁ。
アンコールの「威風堂々」も素敵だった。


仙台フィル、私はクラシックは聞かないんだけど迫力あって素敵だったなぁ。
語彙力低下してますがw本当に素敵なコンサートだった。
といってもこれからクラシックのコンサートに行くかと聞かれたらノーだけど。
王家の紋章宮澤佐江さんのキャロルで見ることになったんだけど新妻さんでも見たかったなぁ。
今度は新妻さんのワンマンも見て見たいな。

Music For Winter Life @渋谷duo MUSIC EXCHANGE

live van

現在東京行きの高速バスの中です。
今日は渋谷のduoにてMusic For Winter Lifeというライブを観てきます。
出演者は↓。

小谷美紗子
伴都美子 (Do As Infinity)
斎藤誠

10年越しの伴ちゃんソロが観れるというわけで。
楽しんできます!


到着。



先ほど終了。
伴ちゃん関連は↓。

伴都美子
1.Brave
2.home
3.Refrain
4.はじまりはいつも雨
5.東京日和 (with 斎藤誠)
6.夢路
●サポートメンバー Piano西村奈央 Bassなかむらしょーこ

●斎藤誠
3.Dance! (with 伴都美子)

●小谷美紗子
7.手の中 (with 伴都美子&斎藤誠)

伴ちゃんはトップバッターで登場。
サポートメンバーはピアノとエレキベースのみの3ピース。
まずは「Brave」。
サビで拍子が変わる曲。
次は私が聴きたかった川村結花さんのカバーである「home」。
もう聴きたかった曲すぎてさ。
1年2ヶ月前に本家の方でも聴いてるんだけど伴ちゃんのボーカルでこの曲を聴けて本当に良かったわ。
「Refrain」も聴きたかったんだけどアレンジが変わっててベースと歌のみでスタート。
2番からピアノも入るアレンジでした。
MCは「普段はDo As Infinityというグループで歌ってます。初めて見る人もいると思いますが"ばん"という名前だけでも覚えて帰ってください」自己紹介的なMC。
「ソロで歌うのは去年も歌ったけど10年ぶり。その間はグループの方を頑張ってました。不器用で。2つ両方やれれば良いんですけどこんな時間が経ってしまいました」
「次歌う曲は皆さんも知ってる曲だと思うので聴いてください」
と歌い出したのはASKAさんの「はじまりはいつも雨」
伴ちゃんのカバーアレンジをピアノとエレキベースで再現してました。
バンド紹介で2人を紹介してました。
「グループの時は雨ばかりなんですけど今日は晴れ。私は晴れ女。春一番も吹いたらしいですけど皆さんは花粉は大丈夫ですか?私は大丈夫だったり」
「ここで斎藤誠さんを呼び込みたいと思います」
斎藤さん「伴ちゃん、この3ピース、カッコいいよ」
私もそう思った。
斎藤さん「僕が入るのは邪魔になるかな?と思ったけど」
伴ちゃん「1曲だけですw」
斎藤さん「伴ちゃんとは何年か前に出会って僕のアルバムに参加してもらって、去年は熊本の復興支援ライブに呼んでいただいて。伴ちゃんが幼なじみと話してる時、高校生みたいだったよ!」
伴ちゃん「中高と同じだったんで」
次やるのは「東京日和」
斎藤誠さんのアコースティックギターが入ると曲の幅が広がった気がする。
「東京日和」も聴きたかったんだよね。
斎藤誠さんが退場し、次で最後の曲と。
で「夢路」を披露してくれました。
この曲も大好きでアレンジはオリジナルver.に近かったかな。
素敵だったけど結果的に2ndアルバムと1stカバーアルバムのみ聴けば全曲カバーできたんだねw
「今日は大きな一歩だとおもってます。こういう機会をもらえて本当に良かったです」と話し、伴ちゃんの出番は終了。


斎藤誠さんの時にコーラスで「Dance!」を歌い、小谷美紗子さんの時に1曲明るい曲を3人で一番最後にやってました。
小谷さんは凄いね。
ピアノも歌も段違い。
見れて良かったわ。


伴ちゃんはほとんど聴きたい曲をやってくれたからほぼ満足だけど、もっと聴きたい曲もあるなぁ。
ソロワンマンとかやってくれたら絶対行くのに!
でも最高でした。
完全燃焼しました!

ミュージカル「手紙2017」@新国立劇場・小劇場

stage mitsuo dream

現在常磐線の中です。
今日は新国立劇場小劇場にてミュージカル「手紙2017」を見てきます。
当初、福島駅経由で行くつもりでしたが山越えが心配になったので仙台駅経由でそこから新幹線に変更しました。
キャストは↓。

武島直貴(弟):(昼)太田基裕 / (夜)柳下大
武島剛志(兄):吉原光夫

藤田玲
加藤良輔
川口竜也
染谷洸太
GOH IRIS WATANABE
五十嵐可絵
和田清香
小此木まり
山本紗也加

そうなんです。今日はマチソワなんです。
お目当ては吉原光夫さんと山本紗也加さん。
まさかあのdreamだったさやぽを10年後に女優としてみることになるとは。
楽しんできます。


到着。



2公演観てきました。
全体的にスッキリしてたけどここは2016年版の方が好きだなとか色々比べながら観てた。
光夫さんのニコ生でさやぽの存在感のことを言ってたけど観ながら納得した。
出番は決して多いとは言えないけど、存在感あるなぁと。
光夫さんはバズーカだし優しいしでもう凄くいい。
歌は増えたり減ったり若干変わったり。
クリスマスの歌がなくなったからこれでクリスマス縛りは無くなっていいと思うけど、あのクリスマスの歌は名曲だったから削ったの勿体無いという意見もわかる。
個人的なことを言うと新星電気の振り付けが変わったのが残念なんだがw
地味に好きだったんだよね、あの振り。
三重唱はソロで歌ってから最後だけ三重唱になると。
2016年版は聞き取れなくてよっぽどDVDの時、歌詞カードつけてくれって思ったことかw
その分、今年のは聞き取りやすくていいんじゃないかな。
ひったくりで母親が謝りに来るところは2016年版の怒りを抑えながら断る方が好きだったな。
ラストシーンは希望がある終わり方で良かったんだけど2016年版の無言で去る方が私は好みだった。
あとちゃんとステージがあるのは見やすくてストレスがないのは本当にいい。
劇中バンドスペシュームのバンドの楽器編成がエレキギター2人にベースのみってどうなの?w
3ピースで普通ならギターベースドラムでしょ?w
と少しだけ思ったかな。
生演奏は普通かな。


次回は東京楽を見る予定。
昼飯食べる時間あるんだろうか?w

吉原光夫の演劇黙示録 公開放送@新宿ロフトプラスワン

live mitsuo

現在東京行きの高速バスの中です。
今日はロフトプラスワンにて光夫さんのニコ生の公開放送を観てきます。
出演者は↓。

吉原光夫
西川大貴
太田基裕
藤田玲
加藤良介

ミュージカル「手紙」直前なのでその話題になることでしょう。
楽しんできます。


到着。



観てきました。まずは本編。
回線が途切れ途切れだったらしく中々本題には入れない。
ミュージカル手紙の話。
西川くんの質問「チラシは攻撃的に感じだけどどんな感じになるんですか?」
「手紙は初演よりももっと攻撃的になると思う。ミュージカル手紙ではコロスという世間の目を使ってて「今日は普通に過ごしてたのに明日もしかしたら加害者側や被害者側になるかもしれない」というのを客席からターゲットをピックアップする」と光夫さん。
「ミュージカルは明るくて夢を見る作品が多いけど手紙のような現実を見るのもいいんじゃないか」と話してるのが興味深かったです。


演出家の藤田俊太郎さんについては「一人一人やりやすいように意見を聞いてくれたり物一つ一つに意味をつける方」
「先生と呼ぶ演出家の時代は終わったんじゃないかな?藤田のように役者とディスカッションしていく方がいいと思う」と光夫さん。


他のキャストの話になって
光夫さん「さやかはなにさやかだっけ?」
「山本」
光夫さん「普段さやかとしか呼んでないからさ」
光夫さん「そんなに舞台やってないのに存在感があっていいね」
光夫さんの声でさやぽの話題が出るのが少し違和感あるけどdream時代から彼女を応援してきたものとしてはこう繋がるのが本当に嬉しい。


後半の2.5とかイケメンとかグランドミュージカルのカテゴライズの話。
演ってる本人は違いはないらしい。
「でもカテゴライズされることで悩む役者も出てくるだろうね」と光夫さん。


●アフタートーク
印象的だったのは手紙のセットの動く鉄格子カートのストッパーが3つあってそれを止めるのが特殊すぎて覚えるのが大変らしい。稽古中、加藤良介くんがストッパーのミスったのをさりげなく戻したという光夫さんw
加藤良介くんが光夫さんのことを「お前」と言うシーンでワザとふざけてみたら真面目にとられたらしくて脚本の高橋知伽江さんに「言うキャスト変える?」と言われたらしいw
ワザと言ったことが本気と思われるとw
西川くん曰く「光夫さん、これで5年くらい悩んでると思うw」


光夫さん「2.5と今の手紙でやることに違いがある?」
藤田玲さん「人との関わり合いでは同じだけど2.5は原作の問題がある。オリジナリティを出すのがいい演出家と原作通りやらなきゃいけない演出家がいる」
加藤良介さん「原作の役のいいそうなことならいいとかはある」


(Wキャストについて)
光夫さん「他のシングルキャストの役者の半分しかできないんだから大変だと思う」
藤田さん「もっくん(太田さん)は守ってあげたいと思って柳下くんは直接的にぶつかってくるからそれに返さなきゃと思う。エンディングの印象もかなり違う」
西川くん「それは演出が変わるってこと?」
光夫さん「変わらないと思う。個人個人が持つ個性を活かすということ」


こんな感じだったと思います。
楽しかったです。
また観に行けたらいきます!