shun21 diary

ライブレポートや観劇の感想中心。基本ネタバレします。

HONEBONE@仙台・PENNY LANE

現在最寄駅。
今日は北仙台駅近くのPENNY LANEというライブハウスでHONEBONEを観てきます。
HONEBONEを知ったのはピストルさんファンで繋がったTwitterのフォロワーさんが紹介してたのがきっかけ。
今年春にサブスクのSpotifyでアルバム「13」を試しに聞いてみたら素敵となり、iTunes Storeでアルバム購入したくらい。
NHK BSプレミアムの「骨の髄まで歌います」シリーズも大好きで、この番組で「生きるの疲れた」を知って、気に入って単曲購入しました。
Spotifyでいろんな曲を聴いて気に入って今回のライブも行くことに決めた。
初心者なりに楽しめたらいいなぁと思ってます。
楽しんできます!


到着。

ステージ。



21:10終演。歌った曲を書き出しました。
順番もほとんど合ってるような気がしますが自信がないので番号はふらないでおきます。

●ミニトークライブ

●本編
満月こわい
ドクター
オムニマッ
するめいか
カメレオン
骸骨
赤ちょうちん
汚れた場所でも
冷たい人間
いてぇじゃねえか
サラバ!

●Encore
1.フリーター
2.生きるの疲れた

開場時間中にミニトークショーを仙台限定でしてくれた。
ラフにいろんな話をしてくれたけどどこまで書いていいのか分からないから少し触れるのみにしておきます。
E-girlsのAmiさんとAyaさんの話になる前に何故か歌ったのは剛○彩○さんのデビュー曲をフリのプロペラダンス付きで。おまけに撮影許可ありでw
Twitterに画像載せたけど動画じゃないと伝わらないなw
最後の質問コーナーから急遽「骸骨」という曲を予定曲と入れ替えて歌うことになりました。


楽しめるところは楽しむ。聴かせるところは聴かせるというメリハリのついたライブだったと思います。
前半はコール&レスポンスは簡単なのが多くて体を揺らしたり楽しかったなぁ。
EMILYさんの自身のいじめ体験のことを歌にした「するめいか」は私自身がいじめられた経験があるので半分共感して目をうるうるさせてました。
半分の理由は私はあそこまで恨む気力は無かったなぁと思って。
「もう私の人生に関わらないで」という今思えば拒絶に近かったような気がします。
急遽リハーサルなしで歌った「骸骨」は病気になって納得できずにいろんな病院に行った時のことを歌詞にしたそう。
NHK BSプレミアムの「骨の髄まで歌います」は「いろんな人にHONEBONEを知ってもらう機会になった」と話してました。
地上波だったら…とかも話してましたがw
仙台は今回のツアーで一番会場の規模が小さいそう。
今回ツアーで仙台に来れたのは東北Happy holidayというイベント主催の@なおポップさんのおかげだそう。
そのイベントで昼寝してた男性が歌を聞いて見に来て「NHKのねぇちゃんじゃねえか」と言われたそう。
その方は「ワンマンに行く」と言ったそうですが来てなかった模様w
「骨の髄まで歌います」で初めて作った曲「赤ちょうちん」を披露。
グッときたなぁ。歌詞が良い。
泣きそうになったよ。
赤ちょうちん」披露後、スタッフに紙を渡され、「骨の髄まで歌います」はNHK BSプレミアムで年明け1/7 19:00から大阪編を再放送すると発表がありました。
「人生失敗した人に"いつでもやり直せるよ"という思いを歌詞にした曲」と話して「汚れた場所でも」を披露。
泣きそうになったなぁ。
いや、涙が睫毛に伝わって冷たい感触を感じたんだった。
「冷たい人間」は「病気になった友人に"あなたはいつまで悲劇のヒロインでいるの?"と思ってしまう私は優しい人間にはなれないんだろうな」という正直に書いた曲。
多分だけど声に出さないだけでそういうことを思ってしまうという面は誰しもあるような気がします。
そういうところが人間臭い歌詞だと思います。
生魚にいる寄生虫アニサキスに2回体を食われてしまったEMILYさん自身のことを曲にした曲「いてぇじゃねえか」は自分自身で救急車を呼んで治療してもらったそう。このエピソードと何か合わせられないかと思って、竹原ピストルさんに前に共演した時に動き回る曲ばかり歌った時に「お前ら、テツandトモさんみたいなライブするよな」と言われてテツandトモさんの曲とアニサキスを合わせて曲にしたそう。この曲を聴いた真面目なHONEBONEファンの方から封書が届き「本家に知れたらどうするんですか?」と書かれてた。許可取り済みだそうですw 前にテツさんとラジオ局でニアミスした時に挨拶しようとしたけどお手洗いへ行きたいために挨拶しなかったそう。挨拶することが来年の目標だそう。
「いてぇじゃねえか」、コール&レスポンスありでした。
楽しかったーw
最後の曲は「サラバ!」。
この曲、爽やかで好きなんですよね。
聴けて嬉しかったなぁ。


アンコールは2曲やると話し、ミュージシャンのお金の無さを歌った「フリーター」を披露。
伏せておきますがこんなコール&レスポンス初めてしたわw
ラストは「生きるの疲れた」。
この曲の歌詞に励ませされて生きてるような気がします。
泣きそうになったよ。


素敵なライブだったなぁ。
今日は定番曲メインと話してましたけど初めてきたからよくわかんないw
私はEMILYさんの事を詳しくは知らないけど、彼女の書く歌詞は人間臭さと人に寄り添う優しさがあると思う。
何度も泣きそうになりました。
またライブを見てみたいです。
それくらい素敵でした。

ユニコーン@中野サンプラザホール Day2

夜は中野サンプラザに移動しユニコーンを。
ユニコーンは7月の武道館以来。
10月にアルバムが出たので内容も変わるでしょう!
楽しんできます!


到着。

ステージ。

エンドロール後。



20:18頃終演。セットリストは↓。

01.M&W
02.すばらしい日々
03.おかしな2人
04.That's Life
05.GoodTimeバレンタイン
06.Lake Placid Blue
07.7th Ave.
08.でんでん
09.ジゴロ→服部→デーゲーム(珍しく目覚めの良い木曜日)→パパは金持ち〜~ペーター→人生は上々だ→君達は天使→服部
10.BLUES
11.4EAE
12.55
13.半世紀少年
14.チラーRhythm
15.Boys & Girls
16.Feel So Moon
17.ZERO

Encore
18.HELLO

同じツアーなのに内容がほとんど違ったんだけどw
「M&W」で静かに始まるのもありだね。
でも客のエンジンがかかるのが3曲目の「おかしな二人」からだったw
「すばらしい日々」と「7th Ave.」はグッと来て泣きそうになったよ。
そういや、民生さんが白のフライングVを使うの、珍しいなぁw
「That's Life」以降で使われてたなぁ。
服部メドレーもだいぶ変わったね。
人生は上々だ」で民生さんの股下にABEDONさんの手を通してABEDONさんが歌ってからの「はしりつー」へw
ラストの「服部」は歌い出しを少し歌って強制終了という前半公演と変えてきたw
「55」カッコよかったなぁ。
民生さんの熱唱っぷりが素敵だった。
そこからの「半世紀少年」w
「半世紀少年」は何気に初めて生で聴いたかも。
川西さんの10年前の50歳を祝うライブは見れなかったもんなぁ。
そこから「チラーRhythm」に繋ぐのが素敵な演出。
「チラーRhythm」楽しいね。
ミラーボールもここだけだった。
「Feel So Moon」も久しぶりに聴いたなぁw
そこから「ZERO」につなげる流れも素敵。
「ZERO」は光物で煽ってから1番前半バンドに入るんだけど、EBIさんが煽りすぎて後半に入るところを川西さんに手を引っ張って楽器にギリギリ戻れるというレアな光景も見れましたw
アンコールと言ってこれまた久しぶりな「HELLO」。
前半は蘇える勤労ツアーの映像を使って、2番からZツアー以降の映像を使って昔と今をリンクさせるっていう演出、なかなか泣かすことをやるじゃないかw
「HELLO」を歌って時間が余ったので余興としてABEDONさんが舞台袖に行き、犬のぬいぐるみ(動くやつ)に声を当てるというw
犬のぬいぐるみ、可愛いかったw
「こういう(可愛い)のにはいくら頑張っても負けるね」と民生さんw
ABEDONさんが最後に何かやろうとしたところで100分達成の音がw
最後にピックやドラムのスティックなどを投げて終わり。
エンドロールが流れて終了。


楽しかったけど、ほんとツアー名と100分ルールが同じだけで後半公演は別内容だねw
ステージセットも少し変わったしね。
今ツアーはこれでマイ楽。
あとは千穐楽WOWOW中継を楽しみにしてますw
来年も民生さんのライブに行けますように。
完全燃焼しましたー!

ミュージカル「天使にラブ・ソングを…(シスター・アクト)[日本人キャスト版]」@東急シアターオーブ

現在移動中。
今日は渋谷のシアターオーブでシスアク(東宝版)のマチネを。
本日のマチネのWキャストは↓。

デロリス:森公美子
カーティス:大澄賢也

タイトルは来日版を2回やった会場なので間違えのないようにw
シスアクはキャストがだいぶ変わったのでちゃんと受け入れられるかが不安ですが楽しんできます!


到着。



16:02頃終演。
いやー良かった。
最初の「Take Me To Heaven」のイントロだけで涙腺が緩むのは予想外w
1幕ラスト2曲である「Raise your voice」と「Take Me To Heaven(リプライズ)」でも涙腺が緩んだ。
Sunday Morning Fever」も素敵だったなぁ。
この物語はデロリスなどの女性は物語と共に変化して、カーティスや子分などの男性は変化をしないんだなぁと改めて考えながら見てました。
モリクミさんのデロリス、歌が少しキツそうだったのはご愛敬ですがキュートなキャラクターと自分の個性を活かした演技で素敵だったなぁ。
屋比久さんのメアリーロバートは初演と再演まで演じた前任者である宮澤エマさんと役作りは似ていたけど物語の1ピースとしてのメアリーロバートが素敵だったなぁ。
メアリーロバートのソロ曲「私が生きてこなかった人生」は東宝演劇のTwitterアカウントの細切れ映像だと、ちょっとイメージと違うなぁと思いながら見てて、今回物語の中で通して観るととても素敵なメアリーロバートの「私が生きてこなかった人生」だなぁと思いながら見てました。
来年5月のミス・サイゴンのキム役が楽しみになりました。
大澄さんのカーティス、小悪党っぷりが似合っててこちらも素敵でした。
2幕ラストの「愛を広めよ」の囚人番号が同じで懐かしかったなぁw
初演でWキャストだった吉原光夫カーティスの24654(日本版レミゼのバルジャンの囚人番号24653の次の番号)だったのを少し思い出しながら見てましたw
泉見TJもキュートで素敵だったなぁ。
「愛を広めよ」で泉見TJの天使の輪っかが破損したのが少し残念だったけどね。
鳳蘭さんの修道院長はハマり役ですね。
カーテンコールのダンス、楽しかったなぁ。


今期は今日の1公演のみ。
楽しくて感動して笑えて東宝版のシスアクが大好きで今期もなんとか見れて良かったなぁ。
宮澤エマちゃんのメアリーロバートが大好きだったけど屋比久さんのメアリーロバートも素敵だったからこれで今後キャストがいろいろ変わってもこの作品を見続けられるような舞台でした。
Wキャストの方のお二方も見たかったけどスケジュールの都合上見れないのが残念だけど仕方ない。
今週で東京公演は終わりで年を跨いで全国ツアー公演。
無事に千穐楽を迎えられますように。
素晴らしかったです!

ティーナ・カリーナ/矢野まき@仙台・誰も知らない劇場

移動中。
今日は仙台の誰も知らない劇場でティーナ・カリーナさんと矢野まきさんのツーマンを見てきます。
アコースティック編成らしいので楽しみだなぁ。
矢野まきさんはここ最近応援してる浜端ヨウヘイさんの「カーテンコール」のc/wの「夜曲」のオリジナル歌手。
なので気になってたんです。
ティーナさんのオリジナル曲のライブも楽しみ!
今日は最前列。
楽しんできます!


到着。

セトリ。

ティーナさんと矢野さんのサイン入りCD。



19:12終演。
セットリストは↓。

ティーナ・カリーナ
01.あんた
02.真夜中の独り言
03.いつかきっと
04.寝ても覚めても
05.しもた
06.石刻の花
07.青葉のたより

●矢野まき
01.君の為に出来る事
02.太陽
03.一歩
04.大人と子供
05.おいで
06.タイムカプセルの丘
07.大きな翼
08.窓

●矢野まき&ティーナ・カリーナ
01.いつか僕が還る場所

ティーナさんは「あんた」スタート。
バンドメンバーはアコギと鍵盤のみ。
自己紹介と芸名のことを話し1stフルアルバムから「真夜中の独り言」を。
名曲です。
続けて「いつかきっと」を。
大好きな子の曲をまた聞けて嬉しかったなぁ。
矢野まきさんがどれだけ好きかを丁寧に話してました。
大阪時代からずっと応援してた歌手で中学の頃から聞いてたとのこと。
そのことを話したら「本当のファンだね」と矢野さんに言われたそうw
会場限定CDに入ってる「寝ても覚めても」を久しぶりに歌ってくれました。
間奏開けのCメロをとちってましたが久しぶりしゃあねw
壇蜜さんの結婚のことに触れ、MVに出てもらった「しもた」を披露。
久しぶりに聞けて嬉しかったなぁ。
宮城県の説明として松島の話をして、町花である石刻の話をしてから「石刻の花」を披露。
震災から生まれた曲はいろいろあるけどこの曲は震災から5年目の夏のことを歌った曲。
何度聴いてもグッとくるし泣きそうになりました。
最後に仙台三越の曲と話し「青葉のたより」を披露して15分休憩に入り矢野まきさんにバトンタッチされました。


矢野さんの曲はサブスクで予習したくらいで曲名まで覚えられなかったので数曲毎に曲名を話してくれたので覚えられました。
バンドメンバーはアコギと鍵盤のみ。
バラードが多くて素敵な曲が多くてティーナさんのルーツとして聞けて嬉しかったです。
ヨウヘイさんがカバーした「夜曲」は聞けなかったけど素晴らしかったです。
矢野さん、MCも面白い方なんですね。
10年以上ぶりの仙台でのライブで今日は宿が取れなくて日帰りだそうで。
なんでもマラソン楽天イーグルスのファン感謝祭・大きな会議で取れなかったらしい。
だから帰りにお土産屋が開いてなかったら嫌だから着いてすぐいっぱい買ったらしいw
牛タンも食べれるかわからないそう。
あと今フリーで活動されてるんですね。
全然知らなかったです。


アンコールでティーナさんが再登場し泣きそうになりながら堪えながら話しててアンコールの「いつか君が還る場所」を歌い終えてから堪えきれなくて涙を流し矢野さんのグッズのハンカチを貸してもらい涙を拭いてハグをして終わりとなりました。


サイン会でティーナさんの「しもた」と矢野さんのBEST盤を買ってお二人にサインしてもらい帰るところです。
ティーナさんは「またオリジナル曲のライブをしてください」とお願いしましたw
矢野さんには川村結花さんの話を少しさせていただきました。
矢野さん「いっぽんみち」をカバーされてるので。
ヨウヘイさんのことは話しても知らなかったら一緒だろうなぁと思って話さなかった。


素敵な夜でした。
またお二人に出会えますように。
完全燃焼しました!

知念里奈@キリスト品川教会グローリア・チャペル Day2 昼&夜

現在移動中。
今日はキリスト品川教会グローリア・チャペル へ知念里奈さんのコンサートを昼・夜の2公演観てきます!
ゲストは女優の春野寿美礼さんと俳優の松下優也さん。
知念さんを見るのは今年のレミゼ帝劇楽以来なので半年ぶり。
コンサートだと上野の20thコンサート以来なので2年ぶり。
教会でのコンサートは初体験なので楽しみです。
楽しんできます!


到着。




昼公演17:15頃終演。
夜公演21:15頃終演
セットリストは↓。(昼夜共通)

01.Amazing Grace
02.Wing
03.Twinkle Stars
04.Love you close
05.Eternal now / 松下優也
06.A Whole New World (アラジン) w/松下優也
07.美女と野獣 (美女と野獣) w/松下優也
08.世界が終わる夜のように (ミス・サイゴン) w/松下優也
09.Where in the world (ファントム) / 春野寿美礼
10.私が踊る時 (宝塚版エリザベート) w/春野寿美礼
11.夢やぶれて&オン・マイ・オウン (レ・ミゼラブル) w/春野寿美礼 [知念ファンテーヌ・春野エポニーヌ]
12.今も信じてるわ (ミス・サイゴン) w/春野寿美礼 [春野キム・知念エレン]
13.命をあげよう (ミス・サイゴン)
14.You raise me up
15.precious・delicious

Encore
16.彼を帰して (レ・ミゼラブル)
17.クリスマスメドレー

Amazing Grace」は英語で歌い、最後は本田美奈子さんver.の岩谷時子さん訳詞の歌詞で披露。
高音がミックスボイスを使ってて今日のピアノとチェロと教会の雰囲気にあった歌い方で素敵でした。
「20年前のシングル曲を」と話し「Wing」は声の出し方が柔らかくて今の知念里奈を感じさせる歌声だったと思います。
をアニメ作品に声優とエンディングテーマで2作品関わりましてその曲を」と話しまずはプリキュアの「Twinkle Stars」を。
名曲だけど短いんだよね。
ドラえもんの「Love you close」はイントロのピアノの再現度が素晴らしい。
ちなみにオリジナルver.をベースにしてアレンジで披露。
久しぶりに生で聴けましたけど名曲だなぁと改めて。
ゲスト一人目は松下優也さん。
ご自身の楽曲「Eternal now」を披露してました。
知念さん再登場でアラジンの「A Whole New World」を実写版の訳詞で披露。
トークでは知念さんは松下さんに「恋愛のミュージカルに出てもらいたい」と熱望しておりました。
次回作の2.5次元ミュージカルの方は恋愛シーンはないけどその後のサンセット大通りは恋愛シーンがあるそう。
美女と野獣」も実写版の歌詞で歌番組で昆ちゃんと育三郎氏が歌ってたver.で。
サイゴンの「世界が終わる夜のように」はこの曲だけ松下さんの歌声が高音ギリギリで。
サイゴンってキーが高いんだなぁと改めて思いました。
そのまま春野寿美礼さんのソロ曲へ。
宝塚盤のファントムから「Where in the world」を。
そのまま男役のトートへ行き知念シシィと宝塚版の「私が踊る時」を披露。
知念さん本人も話してましたが東宝版とだいぶ違うのね。
歌詞もメロディもちょこちょこ違うw
「トート様に吸い込まれそうだった」と知念さん。
「こんな美しいエリザベートなら連れて行きたい」と春野さんw
褒め合いでしたw
FNS歌謡祭やミュージックフェア新妻聖子さんと知念さんで披露した「夢やぶれて」と「オン・マイ・オウン」のデュエットは知念さんがファンテーヌの歌い出しの「夢を見ていたわー♪」からスタートで春野さんはエポニーヌの「知ってる、夢見てただけ♪」から。
春野さんって宝塚の男役だった方なのに私の勝手な偏見だけどこんなに歌が上手い方なんだと初めて知りました。
宝塚の男役の方って女性のキーの歌が合わない方が結構いらっしゃるじゃないですか。
それが春野さんは全くなかったです。
サイゴンから「今も信じてるわ」は春野キム スタートで知念さんはエレンパートで。
春野さんのキムはすごい声量だなぁと。
知念さんのエレンも素晴らしかったなぁ。
声質的には逆の方が似合うんだろうけどどちらでも歌えそうで素晴らしかったなぁ。
知念さんはサイゴンのキムのソロ曲「命をあげよう」を。
エレンからすぐにキムに移れるって役者だなぁと改めて。
2回目の「望む」の「む」が地声で出してるのを久しぶりに聞きました。
いつもはファルセットが多いので。
「You raise me up」は最初日本語詞で歌い出しで、誰のver.と思って調べてみたら森山良子さんver.でした。
最後は英語詞で歌ってました。
本編ラストは「プレデリ」。
バラードで歌い出し、途中から通常のテンポへ。
素晴らしかったなぁ。
アンコールはレミゼのバルジャン役が歌う「彼を帰して」を教会なのでと話しトライしてました。
バルジャンが大好きな知念さんが「彼を帰して」を歌うというのは嬉しかったなぁ。
ジーンと染み渡る名曲を知念さんの歌声で聞けるのは感激でした!
女性の声で歌う「彼を帰して」も素晴らしかったなぁ。
チェロの単音スタートでピアノが後から入るのも好き。
ラストはクリスマスが近いのでクリスマスメドレーを。
Amazing Grace」で始まり「Amazing Grace」で終わるコンサートでした。


夜公演はセットリストは同じ。
MCがだいぶ違った印象。
だいぶ忘れましたが覚えてるのは思春期の長男の話とか、知念さんの家族は知念さん以外インフルエンザ経験済みとか。
松下優也さんの歌は夜の方が断然良かった。
「世界が終わる夜のように」も普通に聴けたし。
「夢やぶれて」と「オン・マイ・オウン」のマッシュアップの歌い終えた後の拍手はショーストップに近かった印象。
二人の熱唱っぷりに拍手が止まらなかった感があったね。


素晴らしかったなぁ。
アコースティックなアレンジが教会という空間のムードにも合ってた。
昨日も明日もお金と時間に余裕があれば見たかったなぁ。
Vol.2の実現を楽しみに待ちます。
次に知念さんをみるのは来年5月のミス・サイゴンになると思います。
夜の部のMCでも話してましたがフレッシュなメンバーになったサイゴンが楽しみです。
完全燃焼しましたー!

Do As Infinity「LIVE in the DARK」1st STAGE@コニカミノルタプラネタリウム“天空”

現在移動中。
今日は東京スカイツリータウン内にあるコニカミノルタプラネタリウム"天空"というプラネタリウムDo As Infinityのアコースティックライブ「LIVE in the DARK」の1st stageを観てきます。
DoAsのワンマンを見るのは20周年ライブがドクターストップで行けなかったので実は今年これが初めてとw
私が参加できる今年唯一のワンマンだと思うのでプラネタリウムとのコラボも楽しみですし楽しんできます!


到着。

開演前は撮影OKだったらしいので。



20:34頃終演。セットリストは↓。
多分これで全部で順番もあってるかと思います。

01.空想旅団
02.黄昏
03.深い森
04.柊
05.We are. (GTB ver.)
05.はじまりの場所
07.ナイター
08.菜ノ花畑
09.To Know You
10.Yesterday&Today
11.陽のあたる坂道

水辺に太陽の茜色が映る中「空想旅団」を2 of Usツアーのver.ベースで披露。
「黄昏」からだんだんと空の色素が黒くなりサビになる頃には星空へ。
「深い森」「柊」と代表曲が続きます。
この頃には演者にはほとんどライトが当てられなくてプラネタリウムに集中させます。
MCでは伴ちゃんは今日がプラネタリウム初体験だそう。
亮さんは遠足で行ったと話してて、伴ちゃん曰く「田舎だから。それに外を見れば自然のプラネタリウムだし」と話しておりました。
「We are.」はDo The Best収録のバラードver.で披露。
粉雪に流れ星の映像が綺麗でした。
「はじまりの場所」はまさかすぎてびっくりしたけどFMKのレギュラー番組のDo The Choiceで先週選んだばかりだから伴ちゃんの意向だろうなぁ。
「黄昏」や「はじまりの場所」あたりの久々にやる曲は伴ちゃんのピッチが若干不安定な感じでしたね。
「ナイター」は名曲ですよ。少し涙腺が緩みかけたw
「菜ノ花畑」も名曲だけど伴ちゃんのピッチが若干不安定だったような。
映像も菜の花畑で綺麗だったなぁ。
「To Know You」は都会のビルの上から流れ星を映して曲の世界観を伝えてました。
キーはLoungeと同じで、アレンジはオリジナルver.をピアノとアコギで再現する形でした。
「今映してる星空は1999年9月29日の20時頃の星空だそうで。私たちのデビュー日です。私たちは渋谷のハチ公前で路上ライブを7月頃からやっててデビュー日に交番に今日デビューできましたとCDを渡して謝ってたのを思い出します」と話し「20年前の星空がデータとして残ってるのに驚くよね」と亮さんw
「あと2曲で終わりになります」と話し「Yesterday&Today」へ。
久しぶりに生で聞きましたがコーラスワークが相変わらず素敵。
間奏のギターソロも感動したなぁ。
ラストは「陽のあたる坂道」を歌い茜色の空に戻り終了となりました。


この会場、入口と出口で全然違うところを通るのねw
帰りは押上駅の近くのエスカレーターに出ましたw
そういや鍵盤が健太くんじゃなくてタクトさんという方だった。
この方と今月から始まるClose To Youツアーをまわるのかな?
バラードのみでしたけど久しぶりに聴く曲も多数あっていいライブでしたよ。
次の予定が決まってませんが、来年2月に宮城県白石市に来るのでそのチケットを取る予定です。
完全燃焼しましたー!

ミュージカル「ダンス オブ ヴァンパイア」@帝国劇場

現在移動中。
今日は帝国劇場にてミュージカル「ダンス オブ ヴァンパイア」のマチネ&ソワレ公演を観てきます。
TdV、何気に初演から皆勤賞w
本日のマチネのWキャストは↓

サラ:神田沙也加
アルフレート:東啓介
ヴァンパイア・ダンサー:佐藤洋介




本日のソワレのWキャストは↓り

サラ:桜井玲香ルフレート:相葉裕樹
ヴァンパイア・ダンサー:森山開次


お目当てはほとんどいないと同じですが、サラからマグダ役へ役代わりされた大塚千弘さんが楽しみです!
TdVは今日限りなので悔いのないように楽しんできます!


到着。



マチネ16:45終演。
ステージセットをだいぶ変えてそれに伴い演出もだいぶ変わり歌とストーリーだけが同じな別作品という印象。
螺旋階段風のセットも伯爵さまのクレーンも無くなった。
個人的には新ヘルベルトの歌以外は全然アリでした。
東アルフレートは山口さんより身長がデカいのね。
駒田クコールが客席登場の時に通路に落ちてたスマホを拾って渡したり、伯爵さまが1列目の客降り階段近くの人をマントで包み込んだり面白かったw


ソワレ21:42終演。
マチネよりソワレの方が私は面白かったなぁ。
桜井サラが今までのサラ役のキャストを全員見たわけじゃないけどCDや見た中で比べると2006年盤CDの大塚サラに近い透明感と歌のうまさ。
2幕冒頭の「愛のデュエット」を久しぶりに堪能できる歌いっぷりで素晴らしかったなぁ。
神田サラは神田サラで独自のキャラクターがあっていいんだけど、私は桜井サラのいい意味で癖のない歌声が好きかな。
シングルキャストも個人的にはソワレの方が好きな感じでした。
マチネでびっくりしたヘルベルトの歌も本人比で良くなってたし、山口さんの伯爵さまのロングトーンも還暦すぎてあそこまで出せるということに驚いた。
石川禅さんの教授はシリアス目な演技でしたけど早口曲を始め素晴らしかった。
大塚千弘さんのマグダはマチネもソワレもどちらも本人の持ち味であるセクシーさを武器にキュートでパワフルな歌を聞かせてくれました。
大塚さんのマグダはフィナーレの歌いっぷりが素晴らしかったなぁ。
ルフレートはどちらも良かったけど演技は相葉アルフレートの方が好みでした。
東アルフレートは歌は好みでしたけど演技が2幕あたりから合わなくなってきちゃって。
今回アルフレートはWキャストによって台詞が違うところもあるのね。
2幕の霊廟のところとヘルベルトのシーンが少し違ってました。
シャガールレベッカは続投組なので安定してましたね。
阿知波レベッカの血を吸われて戻ってきたシャガールの心臓に杭を打たれるのを庇うところが何度も見てきましたが今日は心に響きました。
伯爵の化身はソワレの森山開次さんの方が好きだったなぁ。
「外は自由」も「夜を感じろ」も「抑えがたい欲望」も素晴らしかった!
伯爵さまのマントで包むのはソワレでもやってたけど反応が薄かったなぁ。
お客様の笑い声はマチネの方があったと思う。
マチネは2階に学生が入ってたのも大きいと思うしソワレはぴあとの半館貸切だったらしいね。


今日座席が良かったんですよ。
2回とも1階のE列のセンターブロック近く。
ソワレは通路側ですぐ脇をキャストが通っていくと。
初演から見てるけどここまで近くで見れたのは初めてかも。
ちなみに今回は役者先行で頼んでその役者さんが忙しくて発送されず当日クロークでもらうという初めての経験でしたw
マチネの感想は舞台装置がほとんど変わってしまったショックだったのかもしれない。
今までの思い出もあったのと前までの舞台セットが好きだったので寂しかったなぁ。
今のセットも慣れるかもしれないけどほぼ全部変わってしまうのは事前に公式サイトで新演出と書いておくべきことだと思う。


今期は始まったばかりだけど今のところ今回が最初で最後。
ソワレで桜井玲香さんという今後も観てみたい女優さんに出会えたので満足して帰ります!w
いい舞台でした!