shun21 diary

ライブレポートや観劇の感想中心。基本ネタバレします。

夜ハ短シ presents 『夏至の日』@渋谷ロック喫茶B.Y.G.

移動中。
今日は渋谷B.Y.G.へ夜ハ短シの「夏至の日」ワンマンを観てきます。
「夜が一番短い日=夏至」というバンド名に合わせてのイベントで配信では観てましたが生で観るのは初めてで。
夜ハ短シのワンマン自体も2021年12月以来なので2年半ぶりくらいなのです。
渋谷B.Y.G.は松千という長崎県佐世保出身の二人組を応援してる時に東京のホームにしてたところだったなーと思い出しつつやっと渋谷B.Y.G.へ行けるのが楽しみなのです。
楽しんできます!

到着。

21時過ぎ終演。セットリストは↓。

01.美しい夜明け
02.君の空は何色か
03.明日へのファンファーレ
04.君と僕はよく似ている
05.16才
06.ラナンキュラスの花束を
07.ドーナツとコーヒーとチョコレート
08.yes, yes, yes
09.土を耕せ、種を撒け
10.そして強く抱きしめて
11.台湾旅行記
12.やさしさについて
13.カーテン
14.いるひと/みているひと
15.きれいさ
16.今日も生きるのだ
Encore
17.暖味 みんな ドリーマー
18.中央線ラヴ・ソング

開場時間の30分くらい前に到着したんですがピストルさん経由で繋がった知り合いがBYG前で撮影されてて、もう受付ができると知ったので受付をして3階のスペースで待っててくださいと言われて上に行き、私たちが座ってた場所は演者の待機スペースだったらしくもう一つ上のフロアへ移動。
「席をつめて座ってください」と言われたので相席になって、その方がSNSでは繋がってるものの初めてお会いできた知り合いの方でビックリ。

先着順の整理番号が4番だったのでステージフロアのベンチ席に座ったのです。隣の席は先ほどの初めてお会いできたフォロワーさんだったので色々雑談をしながら開演時間を待って開演時間を少し押しての開演でした。
ジャムセッションから何が始まるかと思ったら「美しい夜明け」。弾き語りで聴くことが多かったのでまさかバンドアレンジで聴けることを予想してなくて。カッコよかったなー。
「君の空は何色か」はOUTLAW時代の曲でしたね。ヨルミジver.も大好きなのです。
「明日へのファンファーレ」はやっとバンドでフルサイズで聴けて感無量でした。カッコ良すぎて語彙が無くなる感覚に。
「君と僕はよく似ている」で進さんのギターストラップが外れるというハプニングがありつつ腕の筋力のみでギター支えるとか凄いなーと。
ギターストラップが外れるというハプニングを見るのは何年か前の別の演者でも観たことがありますけど演者によって対処方法も違うよねーと思いながら観ておりました。

進さんがMCをしていて「弾き語りしすぎ?MCが変!」といった趣旨のツッコミがドラムの健さんから入り最終的には「うるせーなー」と返す進さんw
「16才」もOUTLAW時代の曲でしたね。ヨルミジver.も大好きなのです。聴けて嬉しかったなー。
で「ラナンキュラスの花束を」なんていつぶりよ?ってくらい久しぶりに生で聴けました。私がファンになった頃(2020年のコロナ禍になったあたり)は新曲としてバンドでも弾き語りでも毎回のように歌われてた曲でした。夜ハ短シは生死をテーマにした歌詞が多い印象なんですがこの曲も死別のイメージが強い曲。久しぶりに生で聴けて嬉しかったですし大好きな曲なので新しいアルバムが出るのを心待ちにしてます!

「ドーナツとコーヒーとチョコレート」はやっと生で聴けました!大好きな曲だけど冬のイメージの曲なのでなかなか聴けなくて。間奏部分の手拍子をCDのように2回手を叩いてみたら周りのお客さんもされてて。やっと生で聴けたのが念願でした。
「何年も前に映画の主題歌を担当して『yes, yes, yes』という映画で余命幾ばくのない母の死を受け入れられない息子の話を1番を息子目線で2番を母目線で書いてなかなか歌う機会が無いので歌います」といった趣旨の話からの「yes, yes, yes」は生で聴くのもだいぶ久しぶりで映画の方は観る機会が無くて商品化もされてないので観る方法がないんですが気になってるんですよね。この曲もまだ音源化されて無くて。こちらも発売されるのを待ってます!
「土を耕せ、種を撒け」は初めて生で聴けたのが配信だったと思う。バンドアレンジもカッコいいですし弾き語りも大好きなのです。こちらも音源化待ってます!

ギターを変えて「そして強く抱きしめて」は進さんのハイトーンボイスは私の琴線に触れるんだろう?と毎回思ったりします。何度も生で聴いてきた「そして強く抱きしめて」は私にとって大切な曲なんだなーと改めて思ったりしました。進さんの力強く優しさを纏った歌声が大好きなのです。ヨルミジだとサビが重なるところをマッチさんが歌うのも大好きなところなのです。
「何年か前に音楽仲間と台湾へ音楽旅行をしてその時のことを書いた曲」といった趣旨の話からの「台湾旅行記」は後奏の演奏の爆音加減が心地よくてカッコよくて痺れまくって何度聴いても良い意味でやべー曲だなーと思ったりします。3人ともかっこよすぎました!
「やさしさについて」はヨルミジver.だとコーラスワークからスタートなんですよね。進さんが1番サビの今のメロディを間違えてしまうのも珍しいなーと思いながら見てましたがそれでも心にズドンときますし大好きな歌声なのです。

ミスを謝る進さん。
「だいぶ久しぶりに歌います。山梨に住む父がまだ生きてた頃、心の病になり何もできなかった僕が自分を正当化するように書いた曲」といった趣旨の話をされてから何を歌うと思いきや「カーテン」でした。「明日へのファンファーレ」の3曲目でしたね。まさか生で聴けるとは予想してなかったからビックリしましたけど聴けて嬉しかったです。

「台湾へ行った後だっけ?前だっけ?」とマッチさんに聞く進さん。答えが出ないまま後にする進さんw
「一緒に台湾へ行った仲間たちであるよよよ_ゐくんと白倉くんとLINEでやりとりして歌詞が出来上がり、曲をつけてバンドでレコーディングしてできた曲」といった趣旨の話をされてから「いるひと/みているひと」を今日聴けるとは予想してなかったなー。非売品のCDの音源化されてる名義としては進さんとよよよ_ゐさんと白倉さんの3人の名義なので弾き語りでは何度も聴けてますけどヨルミジver.で聴けたのは嬉しかったなー。

進さん「あと2曲で終わります」
お客さん「えー」
進さん「だいぶ曲をやったので。父のことを書いた曲」
といった趣旨の話をされてから「きれいさ」を久しぶりにヨルミジver.で聴けました。繊細なメロディを優しく歌ってから徐々に力強いロックバラードに変化するバンドアレンジが大好きなのです。私を含めて大切な曲になってる方も多いと思うので早く音源化してほしい曲だなーと思うのです。
来年5月の渋谷クアトロ3マン、7/21のグレフルでの次のヨルミジのライブ、アルバムをゆっくりのペースで作ってることなどを話されて。
「今日も生きるのだ」はバンドでも弾き語りでも毎回歌われる曲ですし進さんの力強い歌声を生で聞くと観ている側も力をもらえるようなそんな感覚になるのです。今日も聴けて嬉しかったです!

アンコールは舞台上に演者が残ったままアンコールに入ることに。
「夜ハ短シというバンドはこの曲から始まったという曲。と言ってもオリジナルでは無くさっきも話したよよよ_ゐの曲をカバーして、もう自分達の曲だと言ってもいいような曲」といった趣旨の話からの「曖昧 みんな ドリーマー」はバンド編成でしか生で聞いたことが無いんですかこのグルーヴ感はヨルミジならではだなーと思うわけです。
「中央線ラヴ・ソング」は放送禁止用語は入って無いものの汚れた大人には想像だけで18禁に聞こえてしまう歌詞なのです。ワンマンでしか生で聴けない曲なのかな?とは思ったりします。カッコいいなーと改めて思ったりします。

終演後、「カーテン」が嬉しかったので収録CDである「明日へのファンファーレ」を買って3人にサインを入れてもらって進さんに伝えたいことを伝えて握手してもらって帰りの階段がわからなくて進さんに聞くというw

2年半ぶりのヨルミジワンマン、だいぶ堪能しましたし夏至の日は初めて生で観れました。
次の予定は来年5月のクアトロ3マン以外は全く決まってないのでヨルミジでも進さんソロでもどちらでもいいので観に行けたらなーと思います。
そうそう。SNSで繋がってる知り合いの方と毎回会う方やだいぶ久しぶりにご挨拶できたのも嬉しかったです!
完全燃焼しましたー!

動画NG、静止画OKだったので色々撮影したのを載せておきます。





































「福島まなフェス2024」@福島市駅前通り

夜行バスで福島駅到着。
大督さんを観に高速バスを変更したのは良いものの雨予報なんですよねー。
で、私は半袖なので少し肌寒い。
楽しんだきます!

晴れてきた。

●MANAMI

1.福島えがお

MANAMIさんは誕生日だったりスポンサー関連などを5分話されて1曲歌われて弾き語りのステージは終わりでした。
おめでとうございます
撮影OKと話されてたので載せておきます。

大督

SC.コーヒー
1.初夏の雨
2.ショーが始まる
3.空の空
4.えいえいおー

大督さんは到着された頃にご挨拶して関係者限定の黄色のまなフェスTシャツに着替えて歌われてました。
「コーヒー」をサウンドチェックで歌われてましたけどテンポを落とされて1コーラスのみでしたね。

出番の時間になり「手作りの大督団扇とか持ってきてw まなフェスに出られて嬉しいけど出番が早くないですか?僕は酒を結構飲むので10:40に歌うのは皆さんにとっての6:30くらいの声の立ち上がりなんです。でも雨予報なのでこの時間でよかったのかなー」といった趣旨の話をされてから「初夏の雨」という今日に合わせたセットリストの組み方でしたw
雨は降らなかったけど段々と曇ってきて風が強くなってきて。
「雨はまだ大丈夫ですけど風が強くなってきて背中で風を受け止めてるので岩盤浴に行きたい」といった趣旨の話を何度も話されてましたw
「ショーが始まる」はコロナ禍の時間制限がある時のライブ活動の歌詞ですね。
大督さんの歌詞で怒りを表す歌詞ってそんなにないと思いますけどこの曲は強い歌詞だなーとアルバムリリース後にやっと聴けて嬉しかったです。
「空の空」はこのタイミングで聴けるとは!エレクトロンワンマンの時に生で聴けて嬉しかった曲ですけどまた聴けて嬉しかったなー。
「(風が冷たくて)岩盤浴行きたい!ここ最近は福島市の方でライブをやる機会が少なかったんですが明日が仙台Bar TAKE、明後日は福島市に戻りまして福島市やっぴーでやります。来年も呼んでもらえると思いますがフェスって無料ではないので来年に繋げるためにもまなフェスのグッズを買ってお金に余裕のある方は僕のCDやグッズを買ってください!最後は盛り上げて終わりとします」といった趣旨の話から「えいえいおー」で盛り上がって終わりとなりました。「爆音で野狐禅を聞いて」の「ば」が強いアクセントで歌われててこれはこれで素敵で。盛り上がって楽しかったなー。
アンコールが起きたものの手をバツにし「アンコール禁止なので」と言われて、今回の時間変更のため高速バスに間に合うので物販に寄れず早めに移動したのです。

写真の掲載許可を頂いたので載せておきます。





少しだけですが大督さんのライブを観れて良かったなー。
急いで福島駅西口に向かってなんとかバスに乗れました。
また観に行けますように。
完全燃焼しましたー!

「葉加瀬太郎音楽祭2024」@明治神宮外苑総合球技場 軟式球場

移動中。
今日は明治神宮外苑総合球技場 軟式球場へ「葉加瀬太郎音楽祭2024」を観てきます。
出演者は↓。(敬称略)

葉加瀬太郎
今井美樹
岩崎宏美
EXILE TAKAHIRO
奥田民生
清塚信也
島津亜矢
豊原江理佳
羽毛田丈史
村治佳織

お目当ては奥田民生さん
楽しんできます!

到着。


島津亜矢 (敬称略)

1.I will always love you [Whitney Houston]
2.SINGALONG
3.笑い話
4.To Love You More (w/ 葉加瀬太郎) [Celine Dion]
5.Think [Aretha Franklin]

島津亜矢さんはホイットニーの「I will always love you」のカバーからスタートで「エンダー」でどの曲か分かる客層。。
ポップスのオリジナル曲2曲から葉加瀬太郎さんとのコラボのマライヤの「To Love You More」を本家の葉加瀬さんのバイオリンと共に披露されてて。
「Think」ってTVのCM曲とかで聞いたことのある曲のカバーでした。

羽毛田丈史(敬称略)

1.ROOKIES〜愛のテーマ〜
2.a fine morning after the rain
3.My Favorite Things (w/ 葉加瀬太郎)

初めて拝見しましたけどドラマの劇伴とかやられてる方なんですね。「ROOKIES」が懐かしくて嬉しかったなー。
「My Favorite Things」はあんな感じにアレンジされるんですねー。

岩崎宏美 (敬称略)

1.ロマンス
2.シンデレラ・ハネムーン
3.すみれ色の涙
4.思秋期
5.聖女たちのララバイ (w/ 葉加瀬太郎)

岩崎宏美さんは生で見たことがあるのが2005年のレ・ミゼラブルの2000回スペシャル公演のファンテーヌとしてでした。ので持ち歌を拝見するのは初めてで。
代表曲の「ロマンス」「シンデレラ・ハネムーン」は当時のキーでの披露で「シンデレラ・ハネムーン」に関しては原曲キーだともうフルコーラスでは歌われてないとの話されてて今日はフルコーラスでの披露でした。
「20歳で芸能界を引退して故郷に帰ると親と約束しててこの曲で親の考えが変わった」といった趣旨の話からの「思秋期」は初めて知りましたが素敵でしたね。
聖母たちのララバイ」は葉加瀬さんとのコラボでの披露でした。

村治佳織 (敬称略)

1.サンバースト
2.禁じられた遊び
3.カバティーナ
4.前奏曲アレグロ (w/ 葉加瀬太郎)

ギターの演奏のみでしたがギタリストで世に出る方はやっぱり演奏が段違いだなーと思いながら聴いておりました。
葉加瀬太郎さんとのコラボの「前奏曲アレグロ」が凄すぎてお二方どちらもカッコよかったなー。

●豊原江理佳(敬称略)

1.OH MY LITTLE GIRL [尾崎豊]
2.パート・オブ・ユア・ワールド (w/ 葉加瀬太郎)

ミュージカル女優の方なのは存じてましたがちゃんと拝見するのが初めてで「OH MY LITTLE GIRL」とリトルマーメイド「パートオブユアワールド」だと別人が歌ってるみたいに感じて良い声な歌い手だなーとなりました。今年のレミゼのエポニーヌとかにいそうなタイプだなーとも。素敵でした。

EXILE TAKAHIRO (敬称略)

1.Choo Choo TRAIN
2.Love Story
3.FULLTHROTTLE
4.もっと強く (w/ 葉加瀬太郎)
5.RISING SUN

この方のファンが多かったのはまあ想定内。EXILE自体は1期の2005年に観たのがラストなので初めて拝見しました。
バンドアレンジでエレキギターを効かせたアレンジだとだいぶ印象が変わりますね。
素敵でした。

清塚信也 (敬称略)

1.
2.(途中でショパンのプレリュード)
3.コンパスオブユアハート
4.Baby, God Bless You〜命〜 (w/ 葉加瀬太郎)

清塚さんはこんなMCの方なんだーというのが初体験。だいぶビッグマウスで上から目線で。。
クラシック曲を色々交えてみたり。
葉加瀬さんとのコラボでした「Baby, God Bless You〜命〜」はドラマ「コウノドリ」の劇伴でしたね。懐かしかったです。

今井美樹 (敬称略)

1.彼女とTIP ON DUO
2.SATELLITE HOUR
3.野生の風 (w/ 葉加瀬太郎)
4.PIECE OF MY WISH
5.PRIDE

今井美樹さんは生で見るのが初めてでしたが知ってるのは最後からの2曲分のみでした。
今井美樹さんってこんな歌声だっけ?という
「PRIDE」の記憶で止まってるのもありますけど少しの違和感がありました。
今年の能登沖地震のことに触れながらの「PIECE OF MY WISH」はやさしく響き、代表曲の「PRIDE」はこの曲を待ってた!という大歓声の元での披露でした。

奥田民生 (敬称略)

1.イージュー★ライダー
2.さすらい
3.すばらしい日々 (w/ 葉加瀬太郎)
4.マシマロ (w/ 葉加瀬太郎)
5.愛のために

民生さんは「E10R」からスタートなんて珍しいと思ったら「さすらい」も2曲目。
今日は葉加瀬太郎音楽祭の為のバンド編成で「さすらい」の間奏のツインギターは初めて生で聴けて嬉しかったなー。
「すばらしい日々」は葉加瀬太郎さんを呼び込んで羽毛田丈史さんの弦楽アレンジと民生さんのハンドマイクの歌声のみで披露されててこのアレンジが凄すぎてこれを観れただけでもチケット代のお釣りが来るくらいの感覚で。どこかで音源か映像を流して欲しいくらい。
「マシマロ」も葉加瀬さんとの披露でしたけど原曲アレンジの「マシマロ」なんて生で聴けたのいつぶりよ?ってくらい久しぶり。嬉しかったなー。
最後は何が来るかと思ったら「愛のために」!これの為にこのフェスを見にきたのです。なんだか鳥肌が止まらなくてやっと生で聴けたのです。
私がファンになったのが2003年頃で2005年からライブに行き始めてMTR&Yになりたてで、「愛のために」は一番売れた曲にも関わらず選曲がほぼされない曲になってしまって、ひとり股旅形式でも生で聴けたことがなくて念願でした。
なんだかシングル曲ばかりでしたけどこれはこれでレアなライブでしたね。

葉加瀬太郎 (敬称略)

1.Etupirka
2.ひまわり
3.希望の風
4.Born to smile
5.情熱大陸

葉加瀬さんは1曲目が情熱大陸のエンディング、2曲目が朝ドラの「てっぱん」のオープニング、ラストが「情熱大陸」しか知らなかったですけどてっぱんの「ひまわり」は懐かしすぎて嬉しかったなー。
で「情熱大陸」はあんな感じで盛り上がるんですねー。知らないことばかりでした。


楽しかったですし民生さんだけでも元が取れましたけど好き嫌いはあるものの観れて良かったです。
ただ日中が暑すぎて、陽が落ちると寒くて、ちょうど良かったのが夕方のみでしたw
気をつけて帰ります。
完全燃焼しましたー!

竹原ピストル ワンマンライブ『ANGAの27周年を祝いに来る 竹原ピストル』@千葉ANGA

移動中。
今日は千葉ANGA竹原ピストルさんのワンマンを観にいきます。
ピストルさんを観るのは先月の浅草以来。ワンマンだと3月末のアウトライン以来かな。
ここ最近ピストルさんのライブの本数が少なくなっているので貴重でしかもワンマンなのも嬉しい!
楽しんできます!

到着。

20:15頃終演。セットリストは↓。(敬称略)

OP.Snappiness (Sweet Instrumental) / BBG
01.マスター、ポーグスかけてくれ
02.あ。っという間はあるさ (スローver.→アップテンポver.)
03.東京一年生
04.何食わぬ顔して食ってきた
05.全て身に覚えのある痛みだろう?
06.オールドルーキー
07.一等賞
08.アンチヒーロー
09.よー、そこの若いの
10.朧月。君よ、今宵も生き延びろ。
11.逃がしてあげよう
12.椿の花は尚赤い
13.カモメ [野狐禅]
14.あっかんべ、だぜ故郷
15.落陽 [吉田拓郎]
16.浅草キッド [ビートたけし]
17.冬の星
18.S.O.S.
19.俺のアディダス〜人としての志〜
20.誇れよ己を (正式表記不明)
21.みんな〜、やってるか!
22.Forever Young
23.ポエム「啖歌」(朗読)
Encore
24.Amazing Grace
25.カウント10
ED.光芒 / 長澤知之 feat.竹原ピストル仲井戸麗市

40番台だったんですけど30番台くらいより前が結構居なくて中に入ると最前列の端っこが空いてたのでそちらに座りました。お隣が初めてお会いできた海外在住で一時帰国中のレアキャラなピス友さんでしたので色々お話ししながら開演時間を待ちました。

「Snappiness」が流れてピストルさんが登場。頭タオル・Peace Tシャツ・ジーンズ・アディダスの靴・リストバンドで登場。
いつもはグッズのタオルが用意されてるんですが今回は白地のタオルのみでした。
「千葉のホームグラウンドであるANGAの27周年をお祝いに来ました」といった趣旨の挨拶から「マスター、ポーグスかけてくれ」へ。
大好きな曲ですし一時期はセットリストから外れやすかった曲ではあるもののまた聴けて嬉しかったです!
「途中でアップテンポに変わるので元気な手拍子をもらえると嬉しいです」といった趣旨の話から「あ。っという間はあるさ」へ。このMCがあると手拍子が入るところにいっても分かりやすくなるなーと思います。こちらも大好きな曲なのでライブ定番曲に入っててくれて嬉しい曲の一つなのです。

「季節はあっという間に過ぎていきましたが」といった趣旨の話から「東京一年生」は今年もだけど春を感じる前に夏みたいな天候になったりしましたよね。今日は5月末なのでまだ初夏だと思いますが季節が少し過ぎても新生活を迎えた方にとってはもちろんですけど新生活に関係ない私も聴けて嬉しかったです!
「何食わぬ顔で食ってきた」はやっぱりカッコいい曲だなーと思うわけですよ。今日は新曲多めのセットリストなのも嬉しかったなー。
「全て身に覚えのある痛みだろう?」は指弾きで歌われることがほとんどになりましたね。大好きな優しい曲の一つなのでいつ聴けても嬉しい曲なのです。

千葉ANGA 27周年、中台店長に27杯お酒を奢ろうと思います。中台店長は27杯でもへっちゃらな人なんです」といった趣旨の話から「オールドルーキー」はやっぱり良い歌詞だし良いメロディだなーと思うわけです。こういうMC後なので初心に帰るという意味でも素敵なのです。
「一等賞」はライブ定番曲ですし何度聴けても嬉しい曲なのです。
アンチヒーロー」はいつぶりだろう?と思って調べたら1月末の石巻以来でした。曲が付いて結構経つもののライブ盤には朗読の方が収録されて曲がついたver.の音源化もお待ちしております!

「もし知ってたら元気な歌声を聞かせてもらえたら嬉しいです」といった趣旨の話からの「よー、そこの若いの」は「よーそこのわけーの」のみお客さんに歌わせてましたけどこれが正解だと思う。ピストルさんがイタズラで1番サビをフルサイズで歌わせるのはライブに結構こられてる方は大丈夫だろうと思うけどそこまで覚えてる方は少ないよね。
「盛り上げてくださってありがとうございます」といった感謝を話されて。

「なんちゃっての俳句ですが朧月は春の季語だと習いました。『朧月。君よ、今宵も生き延びろ。』『朧月。君よ、今宵も生き延びろ。』」といった趣旨のMCからの「朧月〜」はこの曲を大切にされてる方が沢山いると思うので長尺の曲ですがこれからもライブで披露してほしい曲だなーと思うのです。

「てめーがやばいことに気づかない状況の時に気づいて逃がしてあげる。そういった趣旨で作りました。嬉しいことにルートインホテルズさんのCMソングに使ってもらえてTVとかで流れたらよろしくお願いします」といった趣旨のMCからの「逃がしてあげよう」は優しい歌詞・優しいメロディだと思うのです。この曲もライブで歌い続けてほしい曲の一つですしアルバムリリースが決まったらTVの歌番組でも歌ってもらいたい曲だなーと思うんです。
「椿の花は尚赤い」は春っぽい歌詞で「やっほー。やっほっほー」の印象が強いですが、「椿の花が落ちても尚赤い」といった趣旨の歌詞もタイトルの趣旨がわかって大好きなのですし久しぶりに生で聞けて嬉しかったです!

「新曲を続けてやってみました。次は逆に昔の曲を。ライブ前にツイートをしたんですけど楽屋に20年近く前のポスターが飾られてて。ハマノ(ヒロチカ)くんもこの前ANGAでライブしたそうで。このポスターの頃はまだ仲が良かった頃かな?2005年って書いてあったなー。いま歌ってもしっくり来る曲を」といった趣旨の話で笑いを取ってからの「カモメ」はラブソングではあるもののピストルさんだから描ける歌詞だなーと思うのです。今日も聴けて嬉しかったです!
「捻くれた描写の曲ですが故郷を思って描いた曲」といった趣旨の話からの「あっかんべ、だぜ故郷」はカッコいい曲だなーと何度聴いても思う曲。いつかバンドセットでも観てみたい曲だったりします。
「大先輩の曲をお借りして」といった趣旨の話から吉田拓郎さんの「落陽」は歌われることの多いカバー曲の一つですが何度聴けても嬉しい曲なのです。
「もう一つお借りして」といった趣旨の話からの「浅草キッド」も大好きなカバー曲の一つ。今日も聴けて嬉しかったなー。

「さっき朧月は春の季語と言いましたが冬の季語の曲。未練たらたらな描写の曲」といった趣旨の話から「冬の星」は久しぶり生で聴けましたけど早くリリースしてほしい曲の一つだったりします。
「S.O.S.」も久しぶりに生で聴けました。ポツンとした歌詞が優しくて大好きなんです。初披露から2年くらい経ちましたが発売が決まるのを心待ちにしてる曲の一つなんです。大好きで大切な曲です。

ライブ終盤は「俺のアディダス」から。ギターのボディを叩く指の音が力強くてスピーカーの近くだったのでその迫力に圧倒されました。もちろん歌詞はお世話になった方々への恩返しの気持ちを歌詞に書かれてるので力強い曲だなーと毎度思います。それくらいピストルさんは義理堅い律儀な人なんだろうなーと思います。
そういやトラックを使って歌い始めた頃から間奏のロングトーンは同じ音程のまま歌われることが増えたんですが、今回は昔みたいにロングトーンのメロディの途中を少し上げてすぐ戻す歌い方に変化されてたのが懐かしくて嬉しかったです。
「誇れよ己を」は生で初めて聴けたんですけどRAINのライブアレンジに近いイントロ(実際はRAINより若干テンポ遅めだったと思う)から同じ歌詞を何度もリフレインさせる曲でした。新しいことをしてる曲だなーと思いましたが短めの曲でしたね。

「みんな〜、やってるか!」はライブ定番曲ですし「やってるか!」でマイクを離れてお客さんに歌わせることが増えましたね。また「やべー集会ですよ」と言われましたがw
千葉ANGAが末長く続きますようにの気持ちを込めて最後の曲にしようと思います」といった趣旨の話からの「Forever Young」はお祝いの際はほぼ歌われる曲なのですが今日も聴けて嬉しかったですし素敵でした。
「最後にポエムを一つ。いつかてっぺんを取るぞの気持ちを込めて」と「啖歌」をポエムで披露されてました。どのような形で世に出るかわからないのでいつも通り内容は書きません。


アンコールは「Tシャツ着替えてこようかと思ったけど帰る時用のTシャツしか残ってないので」といった趣旨の話をされて、「曲を世界的に愛されてるAmazing Graceからお借りして直接な描写は違うかもしれませんが皆さんがずっとずっと元気でいらっしゃりますようにの祈りを込めて」といった趣旨の話をされて似た曲と頭の中がごっちゃになってやり直すピストルさん。でも力強く響くアメグレは大切な曲ですし毎回聴けて嬉しい曲なのです。
「迷った曲って気になると思うのでそちらも歌います」といった趣旨の話からの「カウント10」は同じキーですしハーモニカ曲でもあるから続けて歌われることの多い曲でしたね。代表曲ですが久しぶりに生で聴けて嬉しかったです。力をもらいながら終演しました。


20:15には終わっててBGMで流れてるのは長澤知之さんの曲にピストルさんが参加した「光芒」でした。
仲良くしてもらってるピス友さん達と一緒に千葉駅まで向かい同じ方向の方は東京方面へ行きました。仲良くしてても私は早めに移動してしまうので一緒に話すこととかが少ないんですが色々話せて楽しかったですしまた皆さんと同じライブを観たいですねー。
ちなみに本人から箝口令が出されたMCについては全く触れておりません。
次は今のところ9月の新宿LOFTでのヒグチアイさんとのツーマンになる予定です。
完全燃焼しましたー!

浜端ヨウヘイ TOUR 2024 "THANK YOU SO MUCH!!" in 福島@福島市・AREA559

移動中。
今日は福島市のAREA559にて浜端ヨウヘイさんのワンマンライブを観てきます。
ヨウヘイさんは昨日ぶりです。AREA559は去年11月以来。
今日はピストルさん(とaveさん)のラジオの生放送があるので福島市に推し二人が揃ってるのが嬉しいなー。
楽しんできます!
(※今日もネタバレのセットリスト・ライブレポートはツアーファイナルの6/29横浜公演終演後まで書きませんのでご了承ください)

到着。

サイン会でサインを入れてもらった物。

浜端ヨウヘイ TOUR 2024 "THANK YOU SO MUCH!!" in 仙台@仙台・誰も知らない劇場

移動中。
今日は仙台市にある誰も知らない劇場へ浜端ヨウヘイさんのワンマンツアーを観てきます!誰も知らない劇場はこけら落とし公演(ティーナ・カリーナさんでした)を観た会場だったりします。ヨウヘイさんは先週以来。誰も知らない劇場は3月末の竹原ピストルさん以来になります。
楽しんできます!
※今回もセットリスト&ライブレポートのネタバレはツアーファイナルの6/29の横浜公演終演後まで書かないのでご了承ください。

到着。

サインを入れてもらったもの。

浜端ヨウヘイ TOUR 2024 "THANK YOU SO MUCH!!" in 東京@代官山・晴れたら空に豆まいて

本日2本目は浜端ヨウヘイさんのワンマンツアー「THANK YOU SO MUCH!!」の東京・晴れ豆公演。
セットリストがツアー共通で日替わり曲があるらしくセットリストとライブレポートは6/29の横浜公演終演後まで載せないと決めてます。
楽しんできます!

到着。

サイン会の時の。