shun21 diary

ライブレポートや観劇の感想中心。基本ネタバレします。

知念里奈@キリスト品川教会グローリア・チャペル Day2 昼&夜

現在移動中。
今日はキリスト品川教会グローリア・チャペル へ知念里奈さんのコンサートを昼・夜の2公演観てきます!
ゲストは女優の春野寿美礼さんと俳優の松下優也さん。
知念さんを見るのは今年のレミゼ帝劇楽以来なので半年ぶり。
コンサートだと上野の20thコンサート以来なので2年ぶり。
教会でのコンサートは初体験なので楽しみです。
楽しんできます!


到着。




昼公演17:15頃終演。
夜公演21:15頃終演
セットリストは↓。(昼夜共通)

01.Amazing Grace
02.Wing
03.Twinkle Stars
04.Love you close
05.Eternal now / 松下優也
06.A Whole New World (アラジン) w/松下優也
07.美女と野獣 (美女と野獣) w/松下優也
08.世界が終わる夜のように (ミス・サイゴン) w/松下優也
09.Where in the world (ファントム) / 春野寿美礼
10.私が踊る時 (宝塚版エリザベート) w/春野寿美礼
11.夢やぶれて&オン・マイ・オウン (レ・ミゼラブル) w/春野寿美礼 [知念ファンテーヌ・春野エポニーヌ]
12.今も信じてるわ (ミス・サイゴン) w/春野寿美礼 [春野キム・知念エレン]
13.命をあげよう (ミス・サイゴン)
14.You raise me up
15.precious・delicious

Encore
16.彼を帰して (レ・ミゼラブル)
17.クリスマスメドレー

Amazing Grace」は英語で歌い、最後は本田美奈子さんver.の岩谷時子さん訳詞の歌詞で披露。
高音がミックスボイスを使ってて今日のピアノとチェロと教会の雰囲気にあった歌い方で素敵でした。
「20年前のシングル曲を」と話し「Wing」は声の出し方が柔らかくて今の知念里奈を感じさせる歌声だったと思います。
をアニメ作品に声優とエンディングテーマで2作品関わりましてその曲を」と話しまずはプリキュアの「Twinkle Stars」を。
名曲だけど短いんだよね。
ドラえもんの「Love you close」はイントロのピアノの再現度が素晴らしい。
ちなみにオリジナルver.をベースにしてアレンジで披露。
久しぶりに生で聴けましたけど名曲だなぁと改めて。
ゲスト一人目は松下優也さん。
ご自身の楽曲「Eternal now」を披露してました。
知念さん再登場でアラジンの「A Whole New World」を実写版の訳詞で披露。
トークでは知念さんは松下さんに「恋愛のミュージカルに出てもらいたい」と熱望しておりました。
次回作の2.5次元ミュージカルの方は恋愛シーンはないけどその後のサンセット大通りは恋愛シーンがあるそう。
美女と野獣」も実写版の歌詞で歌番組で昆ちゃんと育三郎氏が歌ってたver.で。
サイゴンの「世界が終わる夜のように」はこの曲だけ松下さんの歌声が高音ギリギリで。
サイゴンってキーが高いんだなぁと改めて思いました。
そのまま春野寿美礼さんのソロ曲へ。
宝塚盤のファントムから「Where in the world」を。
そのまま男役のトートへ行き知念シシィと宝塚版の「私が踊る時」を披露。
知念さん本人も話してましたが東宝版とだいぶ違うのね。
歌詞もメロディもちょこちょこ違うw
「トート様に吸い込まれそうだった」と知念さん。
「こんな美しいエリザベートなら連れて行きたい」と春野さんw
褒め合いでしたw
FNS歌謡祭やミュージックフェア新妻聖子さんと知念さんで披露した「夢やぶれて」と「オン・マイ・オウン」のデュエットは知念さんがファンテーヌの歌い出しの「夢を見ていたわー♪」からスタートで春野さんはエポニーヌの「知ってる、夢見てただけ♪」から。
春野さんって宝塚の男役だった方なのに私の勝手な偏見だけどこんなに歌が上手い方なんだと初めて知りました。
宝塚の男役の方って女性のキーの歌が合わない方が結構いらっしゃるじゃないですか。
それが春野さんは全くなかったです。
サイゴンから「今も信じてるわ」は春野キム スタートで知念さんはエレンパートで。
春野さんのキムはすごい声量だなぁと。
知念さんのエレンも素晴らしかったなぁ。
声質的には逆の方が似合うんだろうけどどちらでも歌えそうで素晴らしかったなぁ。
知念さんはサイゴンのキムのソロ曲「命をあげよう」を。
エレンからすぐにキムに移れるって役者だなぁと改めて。
2回目の「望む」の「む」が地声で出してるのを久しぶりに聞きました。
いつもはファルセットが多いので。
「You raise me up」は最初日本語詞で歌い出しで、誰のver.と思って調べてみたら森山良子さんver.でした。
最後は英語詞で歌ってました。
本編ラストは「プレデリ」。
バラードで歌い出し、途中から通常のテンポへ。
素晴らしかったなぁ。
アンコールはレミゼのバルジャン役が歌う「彼を帰して」を教会なのでと話しトライしてました。
バルジャンが大好きな知念さんが「彼を帰して」を歌うというのは嬉しかったなぁ。
ジーンと染み渡る名曲を知念さんの歌声で聞けるのは感激でした!
女性の声で歌う「彼を帰して」も素晴らしかったなぁ。
チェロの単音スタートでピアノが後から入るのも好き。
ラストはクリスマスが近いのでクリスマスメドレーを。
Amazing Grace」で始まり「Amazing Grace」で終わるコンサートでした。


夜公演はセットリストは同じ。
MCがだいぶ違った印象。
だいぶ忘れましたが覚えてるのは思春期の長男の話とか、知念さんの家族は知念さん以外インフルエンザ経験済みとか。
松下優也さんの歌は夜の方が断然良かった。
「世界が終わる夜のように」も普通に聴けたし。
「夢やぶれて」と「オン・マイ・オウン」のマッシュアップの歌い終えた後の拍手はショーストップに近かった印象。
二人の熱唱っぷりに拍手が止まらなかった感があったね。


素晴らしかったなぁ。
アコースティックなアレンジが教会という空間のムードにも合ってた。
昨日も明日もお金と時間に余裕があれば見たかったなぁ。
Vol.2の実現を楽しみに待ちます。
次に知念さんをみるのは来年5月のミス・サイゴンになると思います。
夜の部のMCでも話してましたがフレッシュなメンバーになったサイゴンが楽しみです。
完全燃焼しましたー!