shun21 diary

ライブレポートや観劇の感想中心。基本ネタバレします。

竹原ピストル × thing of gypsy lion@福島市・as soon as

現在福島駅行きの高速バスの中。
今日は福島市のas soon asというライブハウスで「まこと果樹園プレゼンツ 竹原ピストル × thing of gypsy lionの2DAYS」の1日目を観てきます。
久しぶりの弾き語りでのピストルさん。
ギタージャンボリー以来なので3ヶ月ぶり。
久しぶりの小箱でのピストルさん。
昨年5月のリアコ以来なので1年強ぶり。
シンジプのお二人を見るのは2回目で、1回目はピストルさんのカバー曲のみを聞いたので、オリジナル曲を生で聴くのは初めてなので楽しみです。
シンジプの真琴さんのツイートより急遽daisuke wanna goさんがオープニングアクトで出演するそうなのでこちらもシンジプと同じライブ以来でオリジナル曲は生で初めて聴くので楽しみです。
daisuke wanna goさんはピストルさんの「どーん!とやってこい、ダイスケ」の歌詞のモデルでもお馴染みですね。
初めての箱なので間違えずに行けますように。
今回初めてピストルさんに興味を示した母とともに、ピストルさんのライブに行きますが、どういう反応になるのかも楽しみ。
Twitterのあるフォロワーさんのツイートで知ったんですが2年前の今日が私にとって初めてピストルさんのライブを体感した日だそうです。
そのツイートを見るまで全く気にしてなかったので、偶然なのか運命なのかわかりませんがその記念日を噛み締めながら楽しんできます!


到着。

ステージ。



21:15過ぎ終演。セットリストは↓。

●daisuke wanna go
1.ダニーボーイ
2.唄日記〜春〜
3.僕らの歌
(曲名間違えてる可能性あり)

●竹原ピストル
01.オールドルーキー
02.LIVE IN 和歌山
03.おーい!おーい!!
04.よー、そこの若いの
05.Gimme the mic!!
06.みんな〜、やってるか!
07.Forever Young
08.落陽 / 吉田拓郎
09.全て身に覚えのある痛みだろう?
10.俺たちはまた旅に出た
11.あ。っという間はあるさ
12.Amazing Grace
13.俺のアディダス 〜人としての志〜
14.狼煙
15.マイウェイ

●thing of gypsy lion(真琴ソロ)
歌うたいの夜
旬
For Singer
ロックンローラー
Mr. Bojangles
時間
魔法のうた / セクシーパンサー
Like A Rolling Stone
定番、既存、焼き直しの破壊
歌うたいの心得

●アンコール
1.Over the 40 [生歌] (全出演者)

ライブ会場に開場時間45分前に到着。
既に4人ほど並んでました。
会場の写真を撮ってツイートしたら近くの男性に声をかけられて、まさかのフォロワーさんの知り合いということでTwitter IDを教えてもらい、フォローをしてすぐにフォロー返ししてもらいました。
開場時間までに私たちの後ろに並んでた本宮から来た男性とも話し、ピストルさんのいろんなライブの話をさせていただきました。連絡先を聞き忘れたのと、会場の中で目の前に座ったのに後半他の人と話してこの方と話しがあまりできなかったのが少し後悔してます。
雨が強くなり、雷鳴が遠くから近くになり、開場時間少し前に会場の中に入れてくれた今回のライブの主催である真琴さんに感謝します。
1番最初に並んでた男女ペアの方々はなんと関西から来たそうであいみょんさんとの対バンの話など貴重なお話を聞かせてもらいました。


会場は入口の階段を上がり、正方形で真ん中にグランドピアノとマイクスタンドとアコースティックギターと譜面台が置いてあり、マイクスタンドの隣には大きな観葉植物がある洒落たお店でした。
ステージは無く平面に機材がセットされてました。
私は窓側の背もたれがあるソファー席を選び、演者から結果的に2〜3mの距離で観れるという、ひょっとしたら前まで何度も行ってたリアコよりも近い距離に感じました。


開演までの1時間を同じテーブルに座った方々と雑談をし、ライブ開演少し前にピストルさんの発声練習の声が聞こえたりでw
開演時間の19時から急遽オープニングアクトに決まったdaisuke wanna goさんのステージがスタートしました。
ダイスケワナゴーさんは歌は上手いけどギターの技術が少し未熟さを感じまして、1年半前にも似たようなことを思ったのをかすかに思い出しましたw
3曲披露しピストルさんの今日のエピソードも話してくれました。
ピストルさんのツイートの通り、いわきから車で送ってくれたのはダイスケワナゴーさん。
ピストルさんを送るために会社に休むことを朝電話し、まこと果樹園でバイトをし、急遽オープニングアクトで出演することになって歌うつもりではなくてギターも持ってこなかったらしく、今回のアコギはピストルさんのものを借り、ラインで繋いでました。
でも物販用のCDだけは偶然持ってきてるとオチを言ってましたw


ダイスケワナゴーさんのライブの後、ピストルさんがライブの準備のためマイクスタンド前に登場。
少しして客電が少し暗くなりピストルさんの出番。
ピストルさんの左首筋が正面に見える位置で、ピストルさんの首筋の血管になぜか目がいきましたw
「5年ぶりのas soon asで急遽の告知にもかかわらず来てくださりありがとうございます」と話し「オールドルーキー」のイントロへ。
弾き語りで長めのステージを見るのって私は多分昨年末の武道館以来で弾き語りの時の雰囲気が懐かしくもありました。
しかも昨年たくさん見たGLTツアーの各ライブの1曲目が多かった「オールドルーキー」なのでグッときました。
「LIVE IN 和歌山」はサビの左足の足踏みの振動がじんわり体に響く感じがすごく良かったです。
この感覚は昨年のRensa以来かな。
続けて数日前に配信リリースされた「おーい!おーい! !」。
今までこの曲で感動はしても涙腺が緩むことがなかったのですが今日は心に響いて涙腺が少し緩みました。
曲を少し紹介するだけでMCらしいMCが無いまま淡々と進んでく今日のピストルさんのライブ。
序盤で「よー、そこの若いの」はすごく久しぶりでびっくりしました!
しかも今日はギターのアタックと声の出し方が少し弱めで歌いだすまで少し判断が鈍りましたw
ギターは弾き語りのいつも通りのマイク取りだったんですが、あまりの近さに生音が聞こえるような感覚に襲われました。
ひょっとしたら本当に生音で生歌が聞こえたのかもしれないとも思えました。
「Gimme the mic」はカッコいい!
「みんな〜、やってるか!」は手拍子が自然発生し、サビの「やってるかー!」を歌ってる人が結構いたと思います。
「Forever Young」は代表曲ですが久しぶりに弾き語りで聴けて嬉しかったなぁ。
「今日の客層を見るとリアルにフォークソングを聞いてきた世代の方を見受けられますので、北海道の旭川のライブバーのマスターから教わった曲」と話し、吉田拓郎さんの「落陽」を披露。
今日はいつもよりサビの終わり際のロングトーンが伸びる伸びる!
この曲のロングトーンをここまで伸ばしたのは初めて聞いたかも知れません。
ここで曲順が若干あやふやで確か「全て身に覚えのある痛みだろう?」だった記憶がある。
この曲もギターのアタックがいつもより弱めに感じました。
「今日誘ってくれたまこっちゃんと今日が今回の福島旅ではラストのダイスケに向けて」と話して何を歌うのかな?と思ったら「俺たちはまた旅に出た」でした。
名曲です。
「旅の曲が続きますが。…あとこんなに囲まれて歌うの久しぶりですw」と話しつつ、ドリンクを取るたびにマイクスタンドの横の観葉植物の枝にぶつかり最終的には笑いのネタに変えてましたw
「あ。っという間はあるさ」を披露。
バンドの時は裏拍でサビの手拍子を叩いてましたが、今日のお客さんが最初からずっと全員表拍だったので、表で手を叩きましたが、一体感がすごくてこれはこれで良かったという感想になりました。
「少し前に全国ツアーが終わり、少し休んでから昼は別なことをして夜はライブをやる生活を続けてました。ここ数日で右手が腱鞘炎になり少し違和感がある程度なのでいつも通りストレッチをして万全の体制でライブに臨んでます。今日の昼はまこっちゃんの果樹園のお手伝いをして。具体的に言うとりんごの枝に複数なる実を枝につき一つにする作業だったんですが、この作業は腱鞘炎に良くない作業でした」と笑いを取り、「お世話になった遠藤ミチロウさんも最近お亡くなりなりましたが、健康でというお祈りを込めて」と話し「Amazing Grace」を披露。
アメグレは最後の部分の声の声量がほぼ生声w
おまけにハーモニカは前よりも高いレの音まで出してました。
前に見たときはシの時とレの時がありましてw
「この仕事を続けてくるとどの仕事でもそうでしょうがお世話になった人に恩を返せるようにしないとと思う人が増えまして」と話し「俺のアディダス」を披露。
後半のアディダスは本当にカッコいい!
そのまま「狼煙」のイントロに行くのも前回のツアーと被ってて好きな展開です。
「次の曲で最後になります。この曲を歌ってまこっちゃんに繋ぎます。その前になんだかダイスケワナゴーがいろいろ言ってましたが、俺から言わせてみればあんな仕事っぷりでよくお給料をもらえるなと」話し、ゼェゼェしながら作業をしてたダイスケワナゴーさんの再現をし、ピストルさん本人はテキパキやってたのを両手で表現してましたw
「これがやりたかった」とボソッと話してましたw
そこから最後の「マイウェイ」だけギターをミニアコースティックギターに持ち替えて歌ってました。
ギターストラップは簡易的な白いロープのようなものでできてて、ミニギターの音色も通常のアコギよりも音が高めでした。
今日の「マイウェイ」の後半の声の伸びっぷりが気持ちよくて生声に聞こえるような感覚でした。
まこっちゃんの準備があるのでこれでステージを降りたことにして終わります」と話しピストルさんのステージ終了。


thing of gypsy lionは本来2人組なのですが、今回は真琴さんのみのステージでした。
Twitterのフォロワーさんの要望で歌った曲を書き出しましたが、私はシンジプのCDを持ってないので、曲名が間違えてる可能性がありますし、抜けてる可能性がありますし、順番も微妙に違うと思います。
ピストルさんと比べると1曲の時間が長めの曲の多い印象でした。
一昨年のアコワンで優勝した曲「定番、既存、焼き直しの破壊」が一番印象に残りました。
(曲名をど忘れしたのでTwitterのフォロワーさんに教えてもらいましたがw)
MCはまず5年ぶりのまこと果樹園でのピストルさんのバイトに触れ、「5年でピストルくんは紅白に出て、武道館に出て、(日本)アカデミー賞も取って…俺は結婚を2度して…」と自虐ネタで笑いを取り、「ダイスケワナゴーくんのことをあれこれ言ってましたけどピストルくんは遅刻したからね!w 6時に出発する予定が6時半にダイスケワナゴーくんにLineをしたら「ピストルさん待ちです」とw」と話して笑いを取ってました。
歌うたい仲間の友達のことを歌った「For Singer」。
ジョンレノンや清志郎とか歌詞に出てくる「ロックンローラー」。
4月に亡くなった遠藤ミチロウさんのことに触れ「ピストルくんもミチロウさんのことに触れてましたが、僕の歌うたいとしてのスタートはミチロウさんの前座で、将来対バンすることが夢でしたが叶いませんでした。ミチロウさんがかばーしてた曲を歌います」と話し「Mr. Bojangles」を日本語歌詞での披露だったと思います。
歌うたい仲間のタマキングさんのことに触れ、セクシーパンサーの「魔法の歌」もカバーしてました。
「明後日アウトラインでアコワンに出ます。2年前に優勝しまして去年は敗退したのでもう一度同じ景色が見たくて。その日はリアコでピストルくんのワンマンもありますが抽選に漏れた方は是非アウトラインでき良き一票をw 優勝して時の曲を歌います」と話し「定番、既存、焼き直しの破壊」を披露。
素敵だった。
「最後に歌うたい仲間のダイスケワナゴーとピストルくんとライブができたことを感謝して。ピストルくんは真面目でものすごく集中して作業をしてて、マネージャーの電話にも出なかったほど…それもどうかと思うけどw」と話し「歌うたいの心得」を披露。
今日の出演者の替え歌も少しあったような。


アンコールは真琴さんが呼び入れ3人で再登場。
ピストルさんは真琴さんに遅刻を詫び、ダイスケさんに謝ってましたw
「この3人は全員40代でダイスケが42で、僕とピストルくんは今年43の年。僕が40代になった時に書いた曲を3人でノーマイクで歌いたいと思います」と話しパート割をその場で決めるw
ピストルさんは1番を歌うと頑なに言い、ワナゴーさんはサビだけ歌うことにw
「Over the 40」はピストルさんが1番を丸ごと歌い、2番を真琴さん、ワナゴーさんはサビのみ。
Cメロはピストルさんが先に歌い、途中で真琴さんにパートを譲ってました。
ピストルさん歌上手いなぁと再確認しましたw
声がノーマイクでも十分響き渡ってましたしね。
これで今日のライブは終了。


この後、演者とファンとの触れ合える時間があり、こういう時に限ってサイン色紙とか持ってこなかったので、ピストルさんに握手だけしてもらい「いつもありがとうございます」と言われ、今日一緒に見た母をピストルさんに紹介し「また見にきてくださいね」と声をかけて母とも握手をしてくれたピストルさん優しい!
ピストルさんの握手はいつしても力強かったです。
母はピストルさんのライブを気に入り「今度はピストルさんの近場のワンマンライブがあるときに椅子のある会場で見たい!」と話してましたので次のアルバムツアーの時、多分ホールツアーだと予想してるのでその時にチケットを2枚取ろうかと思ってます。
ずっと私と母の二人で応援してた氷室京介さんが数年前にライブ活動休止になり、次に応援する人を探してた母は「ピストルさんと中村中さんのライブなら座ってみれるし歌が上手いしこの二人を応援することに決めた」と話すほど大絶賛でした。
今日のライブはあんなに近くて生声・生音も聞こえる距離感でとても貴重なライブを体験できました。
幸せな気持ちの中、ホテルに帰りこのレポートを書きました。
この気持ちのまま、日付が変わり今日自宅まで帰ろうと思います。
次は来月の西荻窪ARTRIONの昼からピストルさん!
また小さい箱で見れるのが嬉しい!
楽しみにしつつ頑張って生きていこうと思います。
完全燃焼しましたー!