shun21 diary

ライブレポートや観劇の感想中心。基本ネタバレします。

中村中@仙台retro back page

現在最寄駅。
今日は仙台のretro back pageにて中村中さんの弾き語りワンマンライブの昼公演を観てきます。
中村中さんはavexに所属してた頃はベルファーレとか名取のa-nationとかで観てて、10年近くの年月が過ぎた昨年のLOVEちゃん主催の今日ここライブin相馬で再会した時に素晴らしくて今回初めてワンマンのチケットを取りました。
最新作とベスト盤くらいしか予習できてないから知らない曲も多いと思いますけど楽しんできます!


到着。



15:55頃終演。
知ってる曲も知らない曲も色々あったけど素敵なライブでした。
部分部分でループマシーンを使ったり、キーボードで弾き語ったり。
新譜「るつぼ」収録曲も全曲ではないもののたっぷり歌ってくれました。
キーボードは「友達の詩」と「孤独を歩こう」をエレピの音色で弾き語り、同じキーボードで「裏通りの恋人たち」のリフを音色を変えてループマシーンに入れたりくらいで他はアコギメインでしたね。
あたるさんの歌声って男声と女声で魅力が違うんだけどどちらも素敵だったなぁ。


中盤でファンクラブに歌って欲しい曲をリクエストしてもらってたらしく、ぼんやりとしか覚えてないから間違ってる可能性もあるけど「他のアーティストの曲で辛いときに支えてもらった曲」と話して「東北と言えば竹原ピストルさんの2011年発売の「復興の花」というアルバムを思い出して好きでその中に入ってる「ふうせんガム」を歌います」と言われて、ピストルさんファンの私としてはびっくりしたわな。
あたるさんのカバーする「ふうせんガム」はピストルさんの弾き語りとは違うアコギのアプローチで、これはこれでありだなぁという印象でした。
2番の「教会で聖歌を〜」のところの歌詞を飛ばしてしまって、歌い終わった時に「お粗末さまでした」と話してたけどとても素敵だったし泣きそうになったよ。
ピストルさん自身のライブでなかなか歌ってくれなくて、私の中で一番好きなピストルさんの曲である「ふうせんガム」をあたるさんがカバーしてくれて、思わぬ形でしかも多分今日のみかこの公演のみの披露と考えると私的には幸運な出来事で嬉しかったなぁ。
ちなみにこの後、AAAへの提供曲である「チューインガム」を続けて歌い「ガム繋がりですね」と話しておりましたw


MCはあたるさん自身がLGBT当事者として昨年の「LGBTは生産性がない」というある国会議員の話に触れ、「私が子供の頃にこの話を聞いたらショックだったと思うし、このまま生きてていいのかな?と悩んだ話だと思う。私もだけど言葉を生業にしている職業の人は慎重に話さないといけない」と話したのが響いたなぁ。
「今年は次の元号に変わる年で昭和は坂本九さんの「上を向いて歩こう」の歌詞のように一つのことにみんなで向かって生きた時代。平成はSMAPさんの「世界に一つだけの花」の歌詞のような多様な生き方をしてきた時代。次の元号はどんな時代になるのか予想がつかないと思うけど私から言いたいのは「自分が好きなことを守ってほしい」ということ。自分本位かもしれないけど自分のことを守れなきゃ他の人も守れない。誰かが好きだから好きというのではなく自分だけが好きなことだけは守ってください」と話してからの本編ラストの「孤独を歩こう」はグッときました。
アンコールラスト曲の前に「福島出身で東京に出てきた女性の友人が子供ができて「福島に戻らないと決めたけど、ここで暮らすことでもう一つのふるさとが出来たと思う」と話してふるさとはいくつあってもいいと思う」と話して歌った「たびびと」、素敵でグッときたなぁ。
中盤で「昨年は3本舞台に出演して2作がストリッパー役で浅草のロック座に勉強しに通いました。なんでみんな裸じゃないんだろうと思うほどw 人の強さは2種類あると思って一つは化粧などで「着飾ることで自信になる強さ」。もう一つは「何もかもさらけ出す強さ」がある」と話して舞台の劇中歌を歌ってました。


印象に残ってるMCはこれくらいかな。
また仙台でライブがあったらまた参加したい。そう思えるライブでした。
素敵でカッコいいあたるさんの魅力が溢れまくってたライブだったと思います。
声も本編ラストの方の声量が凄くて、この後夜の部があるとは思えないほどの全力投球な姿が素敵すぎました。
私的にはピストルさんの「ふうせんガム」を予想外に聴けてビックリしつつも満足して帰路に帰ってます。
完全燃焼しましたー!


※追記
セットリスト拾ってきましたので追記しときます。

01.晦日
02.私の中の「いい女」
03.不夜城
04.きみがすきだよ
05.昨日までの話
06.働き者
07.羊の群れ
08.誕生
09.儚い世界
10.ふうせんガム/竹原ピストル
11.チューインガム
12.暗室
13.裏通りの恋人たち
14.未練通り
15.孤独を歩こう

Encore
16.ずっと君を見ている
17.たびびと

サブスクやiTunes Storeで確認したけど順番もあってると思う。
カバー曲部分のみ違うのね。
あとは夜公演はどれくらい違うのか気になる。